« 分析家の独り言(ひきこもりからの脱出) | トップページ | 分析家の独り言(意味の病) »

2009年6月18日 (木)

分析家の独り言(自分の人生を生きる)

人は自分の意思で、自分として生きていると思っている。

ところがほとんどは、私という皮を被って入るが、中身は親である。

多くは母、父の価値観や考え方で動き、それが自分だと思っている。

それでも何とか動けるが、そもそも親と自分は別の存在であるから、他人(親)の価値観や考え方で物事を判断し行動するには無理がある。

生きるということは、常に変化し続けることで、止まることは死を意味する。

自分のあり方をとっても、昨日の自分と今日の自分は全く同じではない。

分析によって、自分を取り返す。

それにはまず、自分のほとんどを占めている親を追い出すこと。

子どもの頃から、親はいいろんなことを子どもである私達に吹き込む。

おとなしくしなさい、お行儀よく、我慢しなさい、勉強しなさい・・・

いろんなメッセージを、まだ物事を判断できない時代に書き込まれてしまう。

それがおかしいと感じ排除できず、そういうものなんだと思い込まされる。

そのことが本当に正しいことなのか、自分に今必要なことなのかを、遅ればせながら今からでも一つ一つ現実吟味し検証しなければ自分の人生は歩けない。

主体性をもつということが非常に難しい。

自分の主は自分である。

自分の中から親を追い出し、一旦空っぽして、そこから自分を築いていく、、欲望の運動を起こす。

自分を持たない親が子どもを育てれば、自分を持てない子どもしか育てられない。

自分を持たなければ、動けなくなる、ひきこもる、ただ動き回る。

私が分析でわかったことは、親の言うとおりにしていれば間違いがない、安全だからと親の言うことを聞かされた。

親の認める道以外は歩くことを許されなかった。

そう思い込まされて生きてきたが、違和感があり、生きづらかった。

自分のしたいこと、好きなことがわからなかった。

何かを真に楽しむということがなかった。

その親の呪縛から離れたとき、見える世界が変わった。

自分の足で自分の人生を歩く充実感。

そこには責任も伴うが、それを自分で背負う覚悟もできた。

なんと自由で風通しのいいことか。

生きるとは本当はこういうことを言うのだろう。

またなんと死んでいた時間の長かったことか。

人は無意識に気付いて真に目覚めない限り、夢遊病者と同じいう 惟能創理(いのうそうり) 氏の言葉が思い出される。

http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

« 分析家の独り言(ひきこもりからの脱出) | トップページ | 分析家の独り言(意味の病) »

分析家の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言(自分の人生を生きる):

« 分析家の独り言(ひきこもりからの脱出) | トップページ | 分析家の独り言(意味の病) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ