« 福岡出張のお知らせ(平成21年9月) | トップページ | 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) »

2009年8月14日 (金)

今週のメッセージ(平成21年7月分)

オールOK!子育て法http://mama.lacan-msl.com/ に掲載した、「今週のメッセージ」7月の過去ログです。

人(子ども)を活かす(平成21年07月31日)

人(子ども)は無限の可能性を持っている。
その可能性を活かし、引き出せるのは親である。
子どもを不幸にしようとか、つぶしてやろうと思う親はまずいない。
にもかかわらず、結果として不登校やひきこもり、非行という現象が多く起きている。
人の能力を殺すことのほうが簡単なのか・・・と言いたくなる。
かつて私もつぶされた側で、その私がまた子どもをつぶしてしまうところだった。
まずこの無意識の連鎖に気付くことである。

世間体を気にする(平成21年07月21日)

親や大人は、社会や世間にあわせ、よい評価を得られるであろう方向を子どもに強いていく。
つまり、親が世間体を気にして生き、それを子どもにも強いるのである。
そこに主体性が欠如する。
世間にあわせ、世間からよく見れたい。
その裏には、嫌われることの恐れや、仲間外れにされる恐怖が隠れている。
人に嫌われたくなくて人に合わせるうちに、自分をなくしていく。
自分とはどういう人間で、何が好きで、何をしたいのか、それらがわからなくなる。
そして動けなくなったのがひきこもりといわれる人たちではないか。

自分を知る(平成21年07月11日)

人を理解するには、まず自分を理解すること。
自分を理解した分だけ、他人を理解できる。
子どもを理解するには、自分を振り返り知ること。
そうでなければ、本当の意味で子どもの言うことがわからないだろう。
例えば、子どもが何でも母親と一緒にと望む。
母親はなんでそれくらい独りでしないのと思う、突き放す。
その無意識下には、母親自身がその母と一緒にいたかったのに、それが叶えられなかった悲しく、辛い子ども時代が抑圧されている。

宣照真理(天海有輝)

過去の今週のメッセージは、http://lacan-msl.com/diary2/ 宣照真理のセラピー日記と

http://diary.lacan-msl.com/天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言に掲載しています。

« 福岡出張のお知らせ(平成21年9月) | トップページ | 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) »

オールOK子育て法 今週のメッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のメッセージ(平成21年7月分):

« 福岡出張のお知らせ(平成21年9月) | トップページ | 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ