« 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) | トップページ | 分析家の独り言(感情を取り戻し人間として生き返る) »

2009年8月16日 (日)

分析家の独り言(電話セラピー)

精神分析は直接面談によって行うのが普通であるが、遠方であったり、何らかの事情で直接面談が難しい場合のは電話によるセラピー(分析)を行う。

ラカン精神科学研究所ホームページの予定表(Googleカレンダー)を見るとわかるように、最近電話セラピーが増えてきた。

一番最初は、元の吉川精神科学研究所のホームページ(http://www.geocities.co.jp/Beautycare/6953/)をみた関東方面の神経症に悩むクライアントからメールが来て、分析で治るだろうか、治るなら分析を受けたいということだった。

遠方であるためクライアントが京都へ来ることも、私が関東へ行くこともままならず電話でのセラピーとなった。

1年に1回は那須で行われる分析サミットに参加するため東京を経由して那須へ行くため、そのときはクライアントと時間を調整し直接面談による分析をしている。

今年も7月、このクライアントに会って分析をした。

こういう形で、滋賀や京都へは来られないクライアントからホームページを見たとメールや電話が入り、分析希望のクライアントが増えてきたのである。

中には、月1回福岡に出張するが毎週分析を希望されるので、もちろん福岡に行ったときは直接面談による分析をし、後を電話セラピーで埋めるという形をとるクライアントもいる。

直接面談による分析は顔を見て行うため、ダイレクトにクライアントやインテグレーター(分析者)である私の反応が行き交いする。

そこでしか感じとれない雰囲気もあり、直接面談がより良いとは言えるが、物理的に困難な場合には電話セラピーも有効な手段と考えている。

クライアントの近くに仲間のインテグレーターがいて、希望されるなら紹介している。

分析によって無意識を知り人生が変わり、活き活きと生きることを味わって欲しいと願う。

暗いトンネルから抜けると、昔の悩んでいた自分が思い出せないくらい変わっている。

もう過去にはいない、心も身体も開放され今の自分が楽しめる。

分析は万能ではないが、自分の人生を諦めずに取り組んだ人たちがこれからの人生を行きなおしていることも事実である。

http://lacan-msl.com/contents.htmlラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

« 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) | トップページ | 分析家の独り言(感情を取り戻し人間として生き返る) »

分析家の」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言(電話セラピー):

« 分析家の独り言( 『月刊精神分析』 2009年6月号より) | トップページ | 分析家の独り言(感情を取り戻し人間として生き返る) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ