« 京都 子育て相談室(旧 母親教室)日程変更のお知らせ(平成21年10月) | トップページ | 分析家の独り言278(オールOKで欠けたものを取り返す) »

2009年10月 2日 (金)

金谷氏今月のメッセージ (平成21年9月) 

以下は分析家仲間の真理攫取(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。)

 テーマ 「 変 容 

 精神分析を受けるとどうなるか?
「今の自分とは違う自分になれる。」 人は皆自分の事は良いと思っていないし好きでない。そう思っているが故に意識上では良く思われたい、よく見せようと無理をして苦しむ。
だから
自分を変えたい・変わりたいと強く望む。

分析で変える事が出来ると思い、足繁く通ってくる。

分析で人を変えることが出来るのか?答えは「出来る」である。

 しかし間違ってもらっては困る。

私〔分析者〕が変えるのではなくクライアント〔依頼人〕が変容していくのを支援し、お手伝いするだけで、一切分析者の個性・価値観は表に出さない。

クライアントは自らの欠損に気付き、それを受け入れ、何故欠損してしまったのか養育史を遡りながら、その原因を知りそれを改善していく。

そこには長い歴史があり信じがたい真実がある。
わかっていても受け入れることが出来ない。

悩み苦しみがありそれを解決していくにもその原因が過去にあるという。
其れはそのまま信じる事は出来ない。

幼少期・幼児期に受けたものが大人になった今、それが原因で起こっている事など理解できない。

自分が変わりたいのにそんなに遡らなければならないのか、まったく繋がらない因果関係に困惑する。

だが人間は学習した事以外は出来ない。
不幸を学習すれば不幸を繰り返して行動しているだけなのである。
ならば、幸福を学習すれば幸福を繰り返すのではないか。

 悩みを解決し自ら変容する為には理論を信じ、自らの欠損を認め過去を捨て〔フロイトは、子供時代は無いといった〕勇気を持って新しい自分を改革していく

古い自分と戦いながら新しい自分を取り入れ、新たな行動をしていく。

非常に根気が要る。何度も挫けそうになりながら”絶対諦めることなくやり抜いていけば必ず良い結果が生まれる。

 9月13日、日本が生んだスーパースター「イチロー選手」が、9年連続シーズン200安打のメジャー新記録を樹立した。108年前ウィーリー・キーラーが記録した8年連続を上回る新境地に立った。

この偉業の影に、我々が知る事のない並々ならぬ努力がある。

圧し掛かるプレッシャー、自ら選んだ道とはいえその重圧は一言では言い表す事はできないであろう。

だが、イチロー選手は我々と同じ人間で、特別な人ではない。何が違うのか?
自分を他者の目から何時も見ている。

試合が終わるとビデオルームに駆け込み、今の自分のホームを入念にテェックし厳しく評価した上で速やかに改善する。

今の自分が最高にすばらしく完璧だとは思っていない。

世界の頂上の立っても、尚且つ上を目指す。そこには冷静に自らを評価する力と速に改善できる力がよりすぐれている所が違う。

そこには《日々の努力》が生きている。今の自分が最高ではなく、常に反省と変容を繰り返す事により進歩し新たな自分を塗り替えている。

その結果として記録が塗り替わる。イチロー選手は記録を塗り替えようとしているのではなく自分を変えていくことに努力している。

それはプロ野球全体を変えていくことになるからである。

 分析はイチロー選手が独学でやっている事を理論で行っている。

今の自分は親によって作られた自分。

それを本当の自分に変えていくことが目的なのである。

周りとの戦い、自分自身との戦い、誰にも理解してもらう事の出来ない世界、
しかし唯一無二の人間を作るのではなく、誰もがイチローになれると言う事なのである。

精神分析は病んでいる人、異常者など何か問題がある人達が行く所だと思っている。

これは間違いである。

そういう人達も必要としているが、本来の目的は「自己改革」なのです。ユングは「自己実現」と表現した。これは宗教で言うならば「悟り」を得る事と同じなのである。

言うならば全ての人に必要だと言うことである。

私も20年前迷って大沢氏と出会って、自らを変えないと何も変らない、まともに生きていく事も出来ないと分かって学び始めた。その時ノートの表に書いた言葉が「自己革命」「self revolution」だった。

                   所長  真理攫取

http://www.k5.dion.ne.jp/~kanaya/金谷精神療法研究所

http://lacan-msl.com/contents.html">ラカン精神科学研究所 のホームページもご覧ください

« 京都 子育て相談室(旧 母親教室)日程変更のお知らせ(平成21年10月) | トップページ | 分析家の独り言278(オールOKで欠けたものを取り返す) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金谷氏今月のメッセージ (平成21年9月) :

« 京都 子育て相談室(旧 母親教室)日程変更のお知らせ(平成21年10月) | トップページ | 分析家の独り言278(オールOKで欠けたものを取り返す) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ