« 分析家の独り言(2010年を迎えて:分析理論を学ぶ) | トップページ | 分析家の独り言(広島からの分析依頼によせて) »

2010年1月 3日 (日)

『月刊精神分析』 2010年1月号 心的遺伝子論 精神分析的産み分け法 発刊のお知らせ

『月刊精神分析2010年1月号』は、2003年12月発刊された、著:道越羅漢(みちおらかん:発刊当時の大沢先生の精神分析家名、現在は惟能創理氏)氏の本「心的遺伝子論 精神分析的産み分け法」を紹介しています。

惟能氏は本の冒頭で「男と女の生み分け方とは、決してHOW TOものではなく、この書を通して人間の精神とは? その精神(こころ)と体の相関関係について何らかの考えをめぐらし、そこに生命とは何かの答えを自分なりに見つけ出すことの一助になればと思い、執筆したものである」と述べている。

数々の臨床経験を重ね、理論を知り再構築していった結果、精神面から男女が産み分ける事ができるとの結論に至ったのは画期的な事と思います。

『月刊精神分析 2010年1月号』 目次

1、はじめに、
2、プロフィール
3、本の「はじめに」
4、第一章 妊娠の意味
5、第二章 生み分けられている
6、第三章 心-女(アニマ)
7、第四章 心-男(アニムス)
8、第五章 心と身体
9、第六章 症例・「私はこうして生み分けた」
10、おわりに & 購入方法
11、Webマガジン月刊精神分析&分析家ネットワーク

『心的遺伝子論 精神分析的産み分け法』の本は一般書店には並んでいませんので、興味関心のある方、購入希望の方は『月刊精神分析 2010年1月号』 目次の 「10、おわりに & 購入方法 」に詳しく掲載してありますのでご覧下さい。

『月刊精神分析』 2010年1月号 心的遺伝子論 精神分析的産み分け法は http://lacan-msl.com/book2/ こちらをご覧ください

http://lacan-msl.com/contents.htmlラカン精神科学研究所のホームページ

過去の月刊精神分析もご覧下さい

http://tokyo-mtl.com/analysis/   月刊精神分析2008年11月号 私と精神分析

http://lacan-msl.com/book/   月刊精神分析2009年01月号 運命は名前で決まる

http://tokyo-mtl.com/analysis2/   月刊精神分析2009年02月号 私と精神分析 2

http://lacan-msl.com/zuihitu/   月刊精神分析2009年03月号 随筆 精神分析

http://lacan-msl.com/bunseki/   月刊精神分析2009年4月号 なぜ分析で病が治るのか

http://lacan-msl.com/heart/   月刊精神分析2009年5月号 精神分析家をえらびますか?

http://lacan-msl.com/female/   月刊精神分析2009年6月号 女性と仕事・結婚・出産

http://lacan-msl.com/hikou2/  月刊精神分析2009年7月号 非行と家庭内暴力

http://tokyo-mtl.com/sakai-noriko/  月刊精神分析2009年8月号酒井法子覚せい剤所事件と分析理論

http://lacan-msl.com/akihabara/  月刊精神分析2009年9月号 秋葉原無差別殺人事件

http://lacan-msl.com/Transition/ 月刊精神分析2009年10月号変容と変遷

http://lacan-msl.com/therapy/ 月刊精神分析』 09年11月号 分析を受ける

http://tokyo-mtl.com/analysis3/ 月刊精神分析2009年12月号 私と精神分析 3

« 分析家の独り言(2010年を迎えて:分析理論を学ぶ) | トップページ | 分析家の独り言(広島からの分析依頼によせて) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 分析家の独り言(2010年を迎えて:分析理論を学ぶ) | トップページ | 分析家の独り言(広島からの分析依頼によせて) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ