« 京都分析理論講座日程のお知らせ(平成22年3月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年2月) »

2010年2月 7日 (日)

分析家の独り言(滋賀インテグレーター養成講座第回:母性より)

2月1回目のインテグレーター養成講座は、自我論Ⅳ(母性)の続きを講義した。

「母性とは」の中で、「母自身がその母との、母 - 娘葛藤を未解決のまま現在に持ち越し・・・」というのがある。

ほとんどの人が「母 - 娘葛藤」を未解決のまま現在に持ち越し」ている。

反対にこの葛藤を解決していたり、我が子の養育場面に持ち込まないことの方がまずまれである。

子どもを育てている母自身にも、その母との母-娘関係がある。

子育てしている母も、子ども時代には母に愛着行動を示し、母に甘え、ベタベタとくっつきまとわりついた。

いつも私を見て、私の話を聞いてと母の愛情を求めた。

しかし、母はいつもこれらの要求に応えてはくれなかった。

母にまとわりついたが母は今忙しいからとそれを拒絶し、子どもであった自分の要求は頓挫することがあった。

この要求拒絶が繰り替えされ、母への愛と憎しみが発生する。

要求を受け入れてくれたときには、母に愛を感じる

要求に応えてくれないときには、母に憎しみを感じる。

この愛と憎しみの葛藤を未解決なまま母親になると、子ども時代に自分の母に愛を感じた母と、憎しみを感じた母を、我が子に無意識にランダムに出してしまう。

この母は、子どもを食べてしまいたいくらい可愛く思うときと、殺してしまいたいくらい憎らしく思うときがある。

また、子どもが母に求めてきたときに応えるのではなく、母が子どもを可愛がりたいときに可愛がり、関わる。

これでは子どもはうっとおしいだけである。

子どもが「抱っこして」と言ったときには、「今忙しいからダメ」と言い、子どもが要求していないときに母の気分で抱っこする。

子どもへの対応がちぐはぐで、こうした矛盾した行為に母は気付かない。

母は自分が子どもを可愛がり、憎たらしいときに憎たらしいと思っているため、母の主観では一貫していて、矛盾しているとは思っていないのだ。

むしろ自分の子育てには間違いがないと確信していたりする。

この母は子どもの主観に立てず、子どもへの配慮が出来ない。

母自身がその母との葛藤に目を向けず、それを無意識に我が子の養育場面に出していることがわからない。

こういった対応を子どもにしていると、子どもは何らかのサインを出す。

それにも気付かずにいると、様々な問題行動として表面化してくる。

それが不登校、ひきこもり、非行などに至る。

母がその母親との関係を見直し、その葛藤を解決していくと、当然子どもへの対応が変わる。

ランダムに無意識に、いい母と悪い母を出すことがなくなり、子どもは安定してくる。

まず無意識に気付くこと。

それを精神分析を通して見、書き換えていく。

更に精神分析理論を学んで、自分を知り、子どもへの対応に活かそうとするお母さん方が居る。

http://lacan-msl.com/contents.htmlラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

« 京都分析理論講座日程のお知らせ(平成22年3月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年2月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 京都分析理論講座日程のお知らせ(平成22年3月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年2月) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ