« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年7月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成22年7月2回目) »

2010年7月 4日 (日)

分析家の独り言 369 (滋賀分析理論講座より:リピドー)

滋賀分析理論講座は、前回の「口唇期の心の発達 リピドーとは」をもう一度振り返った。

クライアント達から質問があり、それに答えながら、エディプス期の男児と女児の心の発達を解説したり、症例を上げて話をした。

そのため、今回の講座はテキスト的にはほぼ進まなかった。


リピドーとは、対象を求め、対象に向かうエネルギーである。

外から備給されたエネルギー(リピドー)を、エスに貯蔵し、それを対象に向けて放出する。

この淀みなき流れが、生命感である。

ところが、この流れが育ってくる過程で滞ってしまう。

エスからせっかく対象に向かったリピドーが、親の「ダメ」、「わがままだ」、「贅沢だ」・・・などの言葉で、対象に行き着けなくなる。

「ダメ」が繰り返される、うちに子どもは「どうせ親に言っても無駄だ」と思うようになり、好奇心や対象への関心を失っていく。

これが更に積み重ねられると不登校、ひきこもりまたは非行になっていくことにもなる。

親が子どもに「ダメ」と言ったりして、否定するのは親自身がまた育ってくる過程で、同じように否定された再現であり、それはほとんど無意識的である。

そのため、親は当たり前に子どもを育て躾していると思っているだろうし、特別いけないことだとも思っていない。

本来は我慢させるのではなく、まず出すことである。

親がそのまた親に我慢させられてきたために、子どもにも我慢させる。

だから、ここで出すことがまず大事なことを親御さんに理解してもらい、子どもにオールOKしてもらう。

最初は失敗しながらも、これまで「ダメ」と言ってきたことを「OK」にする事が出てくる。

すると、何らかの子どもの変化が見える。

つり上がっっていた子どもの目が柔らかくなったり、「ありがとう」の言葉が聞こえたり、部屋の掃除をしたりと。

その報告を聞くと、親(クライアント)もしんどいながら何とか頑張ってオールOKしようとしていることがわかる。

クライアントも、頭ではオールOKすることが良い事と思いながら、それをすぐには出来きらず、またやる中で迷いも生じる。

それを分析で支え、同時に母親であるクライアント自身を振り返り見つめてもらう。

母親が変われば、子どもも変わる。

一緒に取り組み頑張りましょう。

ご自分と子どもの明るい未来のために。


http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年7月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成22年7月2回目) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 369 (滋賀分析理論講座より:リピドー):

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成22年7月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成22年7月2回目) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ