« 分析家の独り言 382 (8月滋賀インテグレーター養成講座より:ペルソナ) | トップページ | マイケル・J・フォックスとセラピー 月刊 精神分析 2010年09月号 発刊のお知らせ »

2010年8月12日 (木)

分析家の独り言 383 (ラカン精神科学研究所HP5万件アクセス)

ラカン精神科学研究所のホームページのアクセスが5万件を越えた。

2007年春にホームページを立ち上げ3年余りになる。

私のクライアント達も、http://lacan-msl.com/contents.htmlラカン精神科学研究所のホームページのGoogleカレンダーの予定や、http://lacan-msl.com/diary2/宣照真理のセラピー日記、http://lacan-msl.com/mailmaga/メルマガ:子育て相談室便りを読んでいると言う人達がいる。

分析依頼や、分析理論講座、子育て相談室への参加の問い合わせ・予約を連絡して来る新規のクライアントも、ラカン精神科学研究所のホームページや、http://mama.lacan-msl.com/オールOK!子育て法 など、各サイトを見ているらしい。

「オールOK!子育て法を読みました」という声はよく聞く。

非行やひきこもりで分析等に来られる方は、http://mama.lacan-msl.com/オールOK!子育て法 や、http://indoor.lacan-msl.com/不登校・ひきこもりに悩む方々へ 、http://lacan-msl.com/hikou/非行・家庭内暴力に悩む方々へ のサイトを読まれているらしい。

ホームページや各サイトでは、私自身の経験や、仕事を通してクライアントの分析、講座、子育て相談室を通して感じたことや理論的な事を、ほぼスペースに制限なく書ける。

http://lacan-msl.com/diary2/宣照真理のセラピー日記 では、出張予定や各講座・相談室の日程をお知らせしたり、『分析
家の独り言』と題してブログを書き綴っっている。


私は、17年前分析と出会った。

その頃の私は、子育てに悩んでいた。

もっと優しく子どもを育てたい、自分が育ったのとは違う子育てをしたかったが、それが出来ていない自分が見えた。

分析がどういうものかよくわからなかったが、とにかくこれしかないと飛び込んだ。

最初は子どものためと思って受けた分析だったが、結局は自分の問題だった。

自分を見続け、自分と戦ってきた。

気がつけば17年経っていた。

私は、あの17年前の夏、分析の戸を叩かずにいたら、今生きていなかっただろうと思う。

確かに分析によって救われた、私の命が今もある。

私のように悩んでいる人達に、精神分析というものがある事を知ってもらいたいと思い、日々ブログを書き綴っている。

精神分析を選ぶかどうかは、その人が決める事。

押し付けるつもりはない。

情報発信をして、それを見る人がいる。

その中の一握りの人が、分析を受けに来る。

これからもブツブツと独り言を書きながら、私の想いを伝えていく。

興味・関心のある方はお付き合いください。


http://lacan-msl.com/mailmaga/メルマガ:子育て相談室便り

今年4月から月に1回発行し、今月で5号目となりました。
毎月購読者が増え、現在40名のメルマガ登録です。
ブログとはまた少し違った方向で書いています。

http://www.takeda-msl.com/seibu/ 「子育て相談会 池袋コミュニティカレッジ」 月刊 精神分析 2010年08月号

« 分析家の独り言 382 (8月滋賀インテグレーター養成講座より:ペルソナ) | トップページ | マイケル・J・フォックスとセラピー 月刊 精神分析 2010年09月号 発刊のお知らせ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 383 (ラカン精神科学研究所HP5万件アクセス):

« 分析家の独り言 382 (8月滋賀インテグレーター養成講座より:ペルソナ) | トップページ | マイケル・J・フォックスとセラピー 月刊 精神分析 2010年09月号 発刊のお知らせ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ