« 分析家の独り言 388 (オールOKして子どもが可愛くなる) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年10月1回目) »

2010年9月24日 (金)

オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年8月分)

http://mama.lacan-msl.com/オールOK!子育て法に掲載した、「今週のメッセージ」8月の過去ログです。


信頼(平成22年8月27日)

分析で大事にする事の一つに、信頼ということがある。
信頼は人と人の関係を生み出し、絆をつくっていく。
自分以外の外の人・物・事と関係が信頼によって生み出される。
信頼がなければ、その関係を結ぶ事ができない。
人間にとって最初の対象である母といかに信頼関係をつくれるか。
新生児にとって、信頼を生み出すための身体的機関の刺激が授乳である。
フロイトのいう口唇期に、いかに母に愛され抱っこされ、母のおっぱいを安心と安全の中で飲めたか。
この時期に母親と基本的信頼を学べることは、この子の一生の財産となる。

日常プラス・マイナスどちらを積み重ねていますか(平成22年8月11日)

20歳代半ば、二児の母親であるクライアント。
分析で自分を振り返りながら、子育てしている。
日常の出来事や過去を振り返ってといろいろな話を聴きながら、子どもへの対応を話す。
分析にいつも2歳の子を連れて来る。
その子どもへの関わり方、子どもへの反応が最初の頃とは違ってくる。
子どもへの言葉がけ、物腰が柔らかく、優しくなっている。
ほんの些細な日常の重ねが、後に大きく影響する。
無意識のままマイナスを重ねるか、自分を知ってプラスに書き換え積み重ねるか。
自ずと結果は違ってくる。

母との愛着関係が基本(平成22年8月5日)

子どもの非行で、お母さんからメール相談や分析依頼が入る。
ひきこもりとは反対に、外に出て行き社会に迷惑をかけるケースが多い。
または、異性と出歩いたり、家に連れてきたりする。
この場合の異性は母の置い換えである。
母親に何でも受け入れられ、傍にいて抱っこされたい。
しかし、小さい頃からそれは叶わなかった。
思春期になって諦めた母への想いを、異性に置き換えた。
しかし、そこでも本当の満足はないはず。
ここで、子どもを受け入れ『オールOK』して、もう一度母に愛着をシフトする。
しっかり母に愛着し、親密さや信頼を築いた後、再び異性に向かうようにする。
母を諦めて異性にシフトするのと、母との関係で満足してシフトするのでは全く違う。


宣照真理

過去の今週のメッセージは、http://lacan-msl.com/diary2/宣照真理のセラピー日記と
http://diary.lacan-msl.com/天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言に掲載しています。


http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 分析家の独り言 388 (オールOKして子どもが可愛くなる) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年10月1回目) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年8月分):

« 分析家の独り言 388 (オールOKして子どもが可愛くなる) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成22年10月1回目) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ