« 京都 子育て相談室日程のお知らせ(平成22年11月) | トップページ | 交野市(大阪)出張セラピーのお知らせ(平成22年11月) »

2010年11月 4日 (木)

オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年9月分)

http://mama.lacan-msl.com/オールOK!子育て法に掲載した、「今週のメッセージ」9月の過去ログです。


褒める(平成22年9月30日)

子どもを見る親の視線が、どうしても子どもの欠点、マイナス部分に向きやすい。
出来ていないところ、下手なところを探して指摘する。
引き算で子どもを見るのではなく、出来たこと、良いところを褒めて伸ばす。
承認と賞賛によって子どもは自己を肯定し自信を持っていく。
クライアント達は、「褒めたいが褒め方がわからない」と言う。
まず子どもをよく見て、親がその子を好きだと思うところを探してみよう。

子どもの心のドア(平成22年9月16日)

子どもは、自分の欲求を母に父に訴える。
小さい頃は「抱っこして」、「あれして」、「これして」・・・と。
その欲求に応えていけば、子どもは満たされ自分に自信・肯定感・自己価値を持って行く。
しかし、多くは否定されたり、拒否される。
次第に「言っても無駄だ」」となっていき、子どもは欲求を出さなくなる。
閉ざした心を開くのは容易ではない。
しかし、心のドアをノックし続け、凍りついた心をとかさなければいけない。
それを出来るのは、親である。
他人や施設に任せて出来る事ではない。

虐待(平成22年9月5日)

家庭内で虐待ということが起きる。
小さな子どもは無力で、無抵抗である。
その子どもに、気まぐれに法則性なく暴力が加えられる。
いつ来るかわからない暴力に常に脅える。
時折のご褒美(楽しみ)が与えられる事が、また子どもを困惑させる。
躾と称して行われる虐待が、子どもの心に傷(PTSD)を残す。
叩いて、または放っておいて育つものは何もない。
優しい母のあたたかい配慮・思いやりが子どもの心を育む。

宣照真理

過去の今週のメッセージは、http://lacan-msl.com/diary2/宣照真理のセラピー日記と
http://diary.lacan-msl.com/天海有輝のセラピー日記 分析家の独り言に掲載しています。


http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 京都 子育て相談室日程のお知らせ(平成22年11月) | トップページ | 交野市(大阪)出張セラピーのお知らせ(平成22年11月) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールOK子育て法 今週のメッセージ(平成22年9月分):

« 京都 子育て相談室日程のお知らせ(平成22年11月) | トップページ | 交野市(大阪)出張セラピーのお知らせ(平成22年11月) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ