« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年8月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成23年8月) »

2011年8月 5日 (金)

分析家の独り言 406 (自宅放火で逮捕の少年送検 北海道・八雲町:子どもの感覚を尊重する)

8月3日、北海道・八雲町で起きた17歳少年が自宅に放火した事件。

少年が通っていた高校の話によると、本人は声優を目指して専門学校を希望していた。

ところが親は大学進学をすすめ、少年は親を説得中だったという。

まだ放火の動機は明らかにされていないが、「家族全員を殺すつもりだった」と供述し、友人に「俺は誰からも愛されない」ともらしていたことからも、少年は自分の感覚や意志、考えを尊重されていたとは思えない。


人は自分の感覚を大事にすることさえ難しい。

自分の感覚を親に認められ共感される事により、自分の感覚は正しいと思える。

暑さ寒ささえ自分が感じているものを、他者(親)に否定される。

子どもはそれほど寒いとは思わないのに、親(母)は風邪をひかれると困るので「もっと着なさい」と言う。

子どもと親(母)の寒さの感じ方は違うのに、親(母)が自分の感覚を子どもに押し付けると、子どもは自分の感覚があてにならなくなり、親(母)に合わせるようになり自分の感覚を持てなくなる。

自分で感じても親(母)に否定されるなら、自分で感じる必要がない。

暑さ寒さに限らず、空腹感や欲しいもの、やりたいこと、好きな事、行きたい所、進路、就職・・・等様々な事に関して、自分の感覚を自分のものとして感じ、考え、思い、承認される事である。

食べたい物を食べられなかったり、好きな色の服を着られなかったり、したくないことを強要されたりする。

これでは自分が何が好きで、何が嫌いで、何がしたいのかわからなくなる。

だから子どもの要求に「オールOK」で応え、子どもの感覚を認め尊重することである。

http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年8月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成23年8月) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成23年8月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成23年8月) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ