« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年9月) | トップページ | 分析家の独り言 412 (非行:自他を知ること) »

2011年9月20日 (火)

分析家の独り言 411 (人間が人間で無い物にされている:スキンシップ)

人間にとってスキンシップは大事である。

特に赤ちゃん子どもは、触れられないと心身ともに成長しない。

突然死することさえある。

親が子どもに触れないということが子どもに伝えるメッセージは三つある。

それは、自分の存在は危険で、汚く、無価値である、ということ。

触れられない事で、人間でない存在になってしまう。

赤ちゃんの頃からしっかり抱っこするなどしてスキンシップされていると、心の安定感が増し成長が違う。

触れるということは、子どもを価値あるものと見なすことであり、愛着を持っている事を表す。

人は愛着の無いもの、汚いもの危険なものには触れない。

いつも間にか無くなっても、壊れても気にすることは無い。

我々人の心の中にある想いが、皮膚を介して手の振動、皮膚の振動、温度(ぬくもり)に変わって、それが子どもに触れることで伝わっていく。

こうして母の子を愛しいと思う気持ちは、抱っこ・スキンシップによって子に伝わる。

子どもをしっかり抱きしめましょう。

このぬくもりと刺激が子どもの心と身体を成長させ、後に大人となった時にパートナーとの健康な関係を築く基礎となる。


インテグレーター(精神分析家) 安情共恵

http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年9月) | トップページ | 分析家の独り言 412 (非行:自他を知ること) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成23年9月) | トップページ | 分析家の独り言 412 (非行:自他を知ること) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ