« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年2月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成24年2月) »

2012年2月20日 (月)

子どもに何かを聞いても、「別に」「どっちでもいい」「知らん」という答えが返ってくる。 子ども自身の事を聞いているのに、「別に」、「どっちでもいい」わけはなく、「知らない」はずもない。 「別に」という言葉からは、自分を他者(親)が切り離されている、一緒という概念を持たない存在だと言っているように聞こえる。 子どもは、親ことに母親と一緒に共に何かをしたいと望む。 しかし、母が忙しく、母にいつもくっつくことが出来ず、別々に切り離されていたのではないか。 共に生き(共生)、共に有り(共有)、共に感じる

子どもに何かを聞いても、「別に」「どっちでもいい」「知らん」という答えが返ってくる。

子ども自身の事を聞いているのに、「別に」、「どっちでもいい」わけはなく、「知らない」はずもない。


「別に」という言葉からは、自分を他者(親)が切り離されている、一緒という概念を持たない存在だと言っているように聞こえる。

子どもは、親ことに母親と一緒に共に何かをしたいと望む。

しかし、母が忙しく、母にいつもくっつくことが出来ず、別々に切り離されていたのではないか。

共に生き(共生)、共に有り(共有)、共に感じる(共感)中で、子どもの心が安定していく。


「どっちでもいい」という言葉は、自分の欲望がはっきりしない、欲望を認めて来られなかったのだろう。

「あれが欲しい」、「これは嫌だ」と言っても、親がそれを承認し応えてくれなければ、要求を感じても出すことをやめていく。

最終的には、「どっちでもいい」、「どうでもいい」となる。


「知らん」とは、まるで自分のことが他人ごとである。

自分の感じ方・考え・意見を言っても、それを無視されたり否定され、更に親の命令指示によって動かされるうち、自分の自我は親に乗っ取られてしまう。

そうすれば、子どもは自分という皮を被った、中身は他者(親)になる。

そうなった子どもは、自分を感じられず、自分の欲望も言葉も持たなくなる。

例えば、子どもが「暑い」というのに、親は「暑くない」

子:「お腹が減った」、親:「さっき食べたところでしょう」

または逆に、子:「もう要らない」と言えば、親:「もっと食べなさい」

子:「ゲームが欲しい」、親:「ゲームばかりしてないで、勉強しなさい」等々・・・。

他にも、「片付けなさい」、「早く塾に行きなさい」、「宿題はしたの」、「もう寝なさい、朝起きられないでしょう」・・・というように命令指示は止めどなく続く。

子どもが自分の主人公となれるように、親は口を止め、命令指示をやめ、子どもの言葉に耳を傾けよく聴く事をおすすめしたい。


子どもの使う言葉に、その子どもの精神の状態が表れる。

子どもの言葉に「あれ」「変だな」と感じたら、子どもが勝手にそうなったではなく、親の日常の言動を振り返ってみてはどうか。

   インテグレーター(精神分析家) 安情共恵


精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年2月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成24年2月) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年2月) | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成24年2月) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ