« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年4月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成24年5月) »

2012年4月29日 (日)

金谷氏今月のメッセージ (平成24年4月)

以下は分析家仲間の拈湧笑界(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。


テーマ

「ねばならぬべきだ症候群」

 一般的に母親は、自分の子供は優秀で世間的にも立派な子供だと思われたい、言われたいと願い、英才教育をしようとする。

「鉄は熱いうちに打て」と言う言葉を、幼少の頃から教育をする事だと錯覚をし、3才児教室などに取り入れて早く教え込もうとする。

学童になれば塾に通わせたり、ピアノ・習字・英語・水泳などのお稽古事も加わり、遊び盛りの時代に母親が思うがままに教育をしようとする。

子供は意味も分からないまま、母親の言われるままに仕方なくやる。

母親は、人並み以上早く上達する優れた子供を想像して、一段と熱が入る。

一方、子供の方は自分の能力以上の事を要求され、強いられて、苦しむ。

やりたくなく、いやいやする姿に母親は失望し不安になる為に、一層厳しくなる。

 何故こういう事が起こるのか?

これは、母親が過去に出来なかった事を子供にさせて、自分の劣等だった子供時代を、優秀な子供時代に変化させようとする母親の妄想なのである。

母親自身も「子供は優秀であるべきだ。立派な子供にならなければならぬ。」と厳しく育てられたその結果、母親の望み通りにはなれず、まあまあの所で終わっているのである。

故に、自分は母親には認められず・誉められず・満足のいかない子供時代を過ごしたまま結婚をする。

自分が出来なかった劣等感は、子供を産んだ所から動き出す。

自分の様には成ってほしくない。

子供は優秀な子供に育てなければならない。

完璧に育て上げなければならない。

子供時代はダメでも、母親としては優秀な母親を目指し、なろうとする。

これは非常に危険な事になる。

 母親は、自分の子供時代に辛く苦しい思いをした事を抑圧し、目の前の子供に、自分か成りたかった優秀な子供の姿を投影する。

そこには「優秀な子供にならねばならぬ・そうしなければ子供時代もダメ、大人になった母親でもダメ」と言うことになれば、自分は人間失格で・役立たずで・ダメ人間に成り下がってしまう。

そうなれば生きて行く事が出来なくなる。

ここまで考え思ってしまう。だから命がけなのである。

少しのミスも許さない完璧主義の教育ママが誕生する。

こうなれば考え方が人と違ってくる。

この子は、何でも一人で出来るはず。

成績も一番になるはず。失敗など考えられない程優秀なはず。

 完全に全て妄想の世界に入り、周りの人間が良いといったものは全てやらせようとする。

子供は能力以上の事を押し付け強制される為に、心は壊れてしまう。

やらなければならないと思っても、体が動かず行動に移す事が出来なくなってしまう。

そんな状態でも、それは気の緩みから怠け心が出て来てると思い、叱咤激励をヒステリーの如くやってしまう。

これは度合いの違いが有っても、一般的には全ての母親がやっている事。

 

 研究所に相談に来られる母親は、「子供が何もしなくなり、学校にも行かないのです。」と言う。

子供が壊れかけていて、どうする事も出来なくなって、お手上げ状態で来られる。

治療としては、母親の指示命令を一切封じ込め、子供を自由に解放する。

そうなれば、子供は一切全部のお稽古事を止めてしまう。

学校にももちろん行かなくなり、家でゲーム三昧。テレビは見放題と本来の子供らしい姿になる。

この状態は母親が一番恐れた姿である。

しかし、本当は母親自身がやりたかった事でもある。

子供を育てると言うのは、自らの劣等感を投影するのではなく、その子供が持っている能力が何であるのか?

それを見抜く事が親の役割である。

子供がやりたい事・好きなことを自ら選ばせ・自ら決めさせ・何処まで自分の力で出来るのかを、やらせて見て親が判断する。

そこには親が思っても見なかった偉大な姿に出会う事になる。

その姿こそが母親が望んでいた姿である。

勇気を持って自らの妄想を捨てて、子供の偉大な力を信じてその能力を引き出し共に育てていく、その忍耐と努力こそが偉大な母と賞賛を浴びる事になる。

そして子が育っていく行くのを見ることが母の喜びである。

   拈湧 笑界・ねんゆ しょうかい
   (新インテグレーターネイム)


http://www.k5.dion.ne.jp/~kanaya/index.htm金谷精神療法研究所

http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページもご覧ください

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年4月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成24年5月) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金谷氏今月のメッセージ (平成24年4月):

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年4月) | トップページ | 大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成24年5月) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ