« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年5月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年5月) »

2012年5月11日 (金)

分析家の独り言 436 (語れる場所、癒される場所、精神分析)

自分をしっかり持っていないと、人の意見に影響される。

人は、自分の考えや感じ方が正しいのかどうかわからず悩む。

例えば他人から言われた言葉に納得がいかず釈然としない。

しかし、どこがどう違うかわからない、言えない。

相手が強く言えば、そっちが正しいのか?と思ってみたりする。

一人で悶々と考えていても、堂々巡りし疲れ果てる。


それは、身近な人との人間関係や子育てに関することだったりする。

クライアント達は、一人で思い悩んでいる。

かつて私もそうだった。

何かおかしい変だと感じていても、何がどう変なのかがわからない。

この感覚を誰に話すことも出来ずにいた。

誰も聴いてくれないだろう、理解しないだろうと思う。

そして、言う事自体が憚られる。


人は誰かに話すと気が楽になることがある。

しかし、そこで理解されず否定されたら、余計に傷つく。

これまでにも散々傷ついてきた。

どこも話すところがないと思う。


そんなクライアントの話を聴いて反応する、精神分析という場所がある。

どんな事でも話せる場所である。

クライアントは世間話でも、愚痴でも、不満、疑問、悩み・・・などを話して、インテグレーター(精神分析家)はクライアントの求めに応じて一緒に考えアドバイスする。

中には、分析に来て開口一番「今日は何も語ることがありません」と言うクライアントがいる。

しかし、こう言って、分析で何も語らなかったクライアントは一人も居ない。

語る事、言える事は=癒える事である。

『語る』事に意味がある。


       インテグレーター(精神分析家) 安朋一実


http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年5月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年5月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 436 (語れる場所、癒される場所、精神分析):

« 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年5月) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年5月) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ