« 金谷氏今月のメッセージ (平成24年8月) | トップページ | 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年9月) »

2012年8月28日 (火)

分析家の独り言 446(自我の統合)

少し前、地元であるびわ湖花火大会を見に行った。

湖岸線が整備され、最近砂浜をつくったのだろう場所に行ってみた。

それほど混み合うこともなく、家族連れやグループ、カップルが椅子やシートを引いていた。

1時間の花火打ち上げはあっという間に終わり、夏の風物詩の一つ花火を楽しんで帰路についた。

浜辺への入り口は狭く、花火観覧を終えた人達で混みあった。

そこにバイクで来ていた一群の人達が鳴らすバイクのエンジン音が「ブンブン、ブンブン」鳴り響いていた。

若者がバイクで来て、騒いで走っているのかと思った。

出入り口が狭いため歩く人達が途切れることなく集中するので、バイクが走って出られず「どけ」とばかりにエンジンをふかしてあおっていた。

10台くらいのバイクがいただろうか。

私が細くなった出入り口の緩やかな坂を歩きはじめた時、ちょうどその中のバイクが待ちきれなくなったのか、歩行者の中をエンジンふかしながら進みだした。

一応歩行者に当たらないようにしているが、明らかに危険でうるさい。

ヘルメットを被り夜なのではっきり顔は分からないが、50歳代くらいの男性だった。

若い子がバイクのマフラーを改造して、爆音を響かせて走っているのは見かける。

人の迷惑になる爆音を鳴らして走り、自分に注目して欲しい。

それを見ると、あの子達は寂しいのだなといつも思う。


しかし、いい年をした大人がこれかと驚いた。

やはり肉体の年齢と精神の年齢は全く別だと言わざるをえない。

歩行者の中の一人の男性は、そのバイクに乗った男性に、「エンジンを切るように」言った。

しかし、全く聞く様子はなかった。

別の男性は荒い口調で、「降りろ」「切れ」と掴みかかりそうな勢いで、バイクに向かって行く。

それを、隣りで奥さんだろう女性が、服を引っ張り必死で止める。

それに対し、バイクの男性は「来いや」と言い片手で手招きするが、相変わらずエンジンをふかし少しずつ進む。

親に手を引かれる子どもや、抱っこされている幼い子ども達もいる中で、なんとも情けない光景である。

(見た目)大人が(真に)大人でない。

ここにもし警察が来て、バイクの男性に「危険だからエンジンを切っててバイクを押しなさい」と言ったどうするのだろう。

おそらく警察に言われたら、言うことを聞くだろう。

警察とは、心の構造で言えば、超自我(超自我は、自我とエスをまたいだ構造で、ルール・道徳観・倫理観・良心・禁止・理想などを自我とエスに伝える機能を持つ;ウィキペディア)に相当する。

ルールを守り人の迷惑を考え、今自分はどうするべきかを判断する機能を待つ。

一般人に言われても聞かないが、警察に言われたら聞くのなら、正しい超自我が内在化されていないことになる。

罰があれば聞くがそうでなければ耳をかさないというのでは、怒られるから人の物を取らない幼い子どもと同じである。

社会的に妥当であるか、危険な行為になっていないか、人への配慮は適切かなどがない。

自分さえ良ければ、他者はどうでもよい。

自分一人で無人島にでも暮らしているのならいいが、社会の中で人と共に生きるには、必要なルール・モラルが必要である。

一方では、神経症的に過剰に自分は人に迷惑をかけているのではないかと思う人がいる。

程よく人に配慮し、協調し、しかし自分を見失わず、主張すべきところはする。

本来子どもは程よい母親、父親から、程よさを学ぶのだが、程よく自我を統合した人が親となっていることが少ない。


人は相反するものを自分の中で統合する、高度な精神の構造をつくることである。

インテグレーター(integrator)は、精神分析を通してクライアントの自我の統合(integration)をする人である。

     インテグレーター(精神分析家)  安朋一実


http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

« 金谷氏今月のメッセージ (平成24年8月) | トップページ | 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年9月) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 446(自我の統合):

« 金谷氏今月のメッセージ (平成24年8月) | トップページ | 大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年9月) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ