« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

分析家の独り言 451(無意識:親の欠損を子どもで補償する)

分析に来るお母さ方の言葉で、「子どもをしっかり育てないといけないと思っていた」というのをよく聞く。
しっかり躾をして、どこに出しても恥ずかしくない子ども。
社会適応し、何でも自分で出来るように早くから育てようとする。
子どもの発達に合わせ、甘えさせたり、世話をするのではなく、親ことに母親の完全性をまわりに示すために完全な良い子に育てる。
この考えの母親には、母親自身の欠損・欠如感が大きい。
母親の無意識にある欠損・欠如を完璧な子どもで埋め合わせたい。
母親は自分の不完全感を、我が子を完全な良い子にすることで、完全な良い母とみられることで代償しようとする。
このことにより、子どもは自分の主体性や意志を奪われる。
常に母親の自己愛を満たすための道具にされ、甘えること、依存すること、欲望を出すことを強く抑えられ、大人のように聞き分けの良い子される。
子どもは母のために生きる抜け殻になっていく。
すると、子どもは自分は何が好きで何をしたいのかもわからなくなる。
自分の感覚で、自分の意志で動きうことはできず、他者の目に自分がどう映るかを気にする。
もう一つは、教育ママになるパターンである。
母親は自分の完成性を、子どもの偏差値を上げることで示そうとする。
この母親にとっての良い子とは、テストで高い点数をとる勉強のよく出来る子である。
子どもの勉強が出来ることが母親の優秀さを示すことになり、無意識にある劣等性を埋めあわせてくれる。
躾の行き届いた子、勉強の出来る子が、親の価値をあげてくれると錯覚する。
いずれにしても、子どもは自己の存在を尊重されることがない。
子どもを主体に考えるのではなく、他者から親がどう見られるかに重点が置かれ、世間体を重んじる。
親であるなら、自分の欠点欠如を自覚し、それも自分とまず受け入れること。
しかし、自分に欠けているところを自ら認め、受け入れることは難しい。
それを認めたくない、自分ではないと排除したり抑圧して無いものにしたい。
意識上は無いものにして宇宙の果てまで切り離して遠ざけても、無意識には在るため、家柄、血筋、経済力、学歴などにこだわる。
まず自分を知ること。
自分の足りないところ、欠損を知っていれば、それを子どもで補償しようとはしない。
自分にあるものが、他者(子ども)にあっても同じように認められる。
「ああ、そんなことは自分にもある」と冷静に客観的に見ていられる。
自分を理解した分だけ、他者を理解出来る。
自分を受け入れた分だけ、他者を受け入れられる。
      インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ
http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ
http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

2012年11月26日 (月)

金谷氏今月のメッセージ (平成24年11月)

以下は分析家仲間の真理攫取(金谷)氏のHPにある今月のメッセージを私のブログで紹介しているものです。
テーマ「日本語」
 言葉は人を理解する為に必要、そして自らの思いを伝える為にも言葉は必要なもの。
人と交流するためのコミュニケーションには、絶対必要なもの。
しかしそうであるならば、いくら立派な事を考えたり、思ったりしても伝える時に間違った言語を使ったら、思考そのものが歪んでしまい、お互いが理解できず誤解したままになってしまう。
 文化庁では平成7年(1995)から「国語に関する世論調査」なるものを立ち上げ、国語に関しての日本人の意識や理解度・慣用句や言葉の使い方についてを調査している。
平成23年の最新調査では、自分自身の言葉の使い方について「気を使っている」と言う人が多く、77.9%も居る事がわかった。
但し、気を使っている人が多い一方で、本来の意味・使い方とは違っているのに「正しい」と認識している人も多い。
基本的な慣用句の本来の意味を正しく把握しないで、使ってしまっているのである。
誰かが言ってた慣用句を見聞きして、なんとなくその場で感じたイメージや断片的な知識などで判断し納得したものを、次に自分が使うとき本来の言い方でない使い方をしてしまったものが、一般的に広がってしまい、そのまま定着したものと思われる。
 例えば「役不足」と言う慣用句がある。
世間一般的には、「自分の力量に対して役目が重過ぎること」と理解している方も多いが、本来の意味は「本人の力量に対して役目が軽すぎること」が正しい意味である。
こういうものが非常に多い。又、「その発言は流れに棹差すものだ」
これを「傾向に逆らって、勢いを失わせる行為をすること」または「傾向に乗って勢いを増す行為をすること」等、ほとんどの人が前者だと思っているだろう。
実は後者が本来の意味で、現状の勢いを利用し、物事を思い通りに進めると言う意味で全く逆である。
こういう風に思い違いをして記憶している人が多い。
 どれだけのものを意味をまちがえて覚えているのか、もう少し例をあげてみましょう。
1例 姑息な手段 ①「一時しのぎ」 ②「卑怯な」
 ②だと思っている人が多数だが、正解は①である。
「姑」はしばらくの意、「息」は休むの意。だから一時しのぎ“である。
2例 檄を飛ばす ①自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を 求める事 ②元気の無いものに刺激を与えて活気付ける事。
これは①が正解である。
3例 他山の石 ①他人の謝った言行も自分の行いの参考になる。    ②他人の良い言行は自分の行いの手本となる。正解は①である。
よその山から出た質の悪い石でも、玉を磨くのには役立つ事から出来た言葉である。
4例 破天荒 ①誰も成しえなかった事をすること②豪快で大胆な様子。中国の古事から生まれた言葉で①が正解である。
 ②が正解と思っている人が多数いる。
5例 号泣する ①大声をあげて泣く②激しく泣く。
 号泣の「号」には大声をあげると言う意味が含まれるので①が正解。
6例 話のさわりだけ聞かせる ①話などの要点の事②話などの最初の部分のこと。
義太夫節野中で一番聞き所が「さわり」で、そこから転じて話などの肝心な部分の意味①が正解です。
7例 憮然として立ち去った ①失望してぼんやりしている様子
   ②腹を立てている様子。
憮然とは失望落胆しているさまの事で正解は①.
「ぶぜん」というものの響きから、不機嫌な様子をイメージしてまちがっている。
 この様に日頃から何気なしに使って、間違いに気ずかず会話をしてしまい、なんとなく伝わっている。そうだと思い込んでしまっている。
例えば「枯れ木も山の賑わい」と言う言葉も、「つまらないものでも無いよりはましだ」が正しいのに、人が集まれば賑やかになるという意味によく使われてしまう。
私自身も以前、することや話題が無くなってしまい、時間を持て余す事を「間が持たない」と使っていたが、「間が持てない」が正しい日本語だと解り修正した事がある。
 本来コミュニケーションを取ることは、お互いを理解する為のものであるはず、がほとんどの人が「了解」を理解していると思い込んでいる。
理解とは物事のしくみや状況、またその意味するところなどを論理によって判断し解る事である。
了解したは事情を思いやって納得する事、これは論理的と思い込みの違いで、ほとんど好い加減に会話し処理している。
それをラカンは、人はそれぞれに自分の辞書を持っていいてそれにもとずいて解釈している為、会話が一致しない。故に全てのコミュニケーションは誤解であると言っている。
「何で言わないの?言ってくれないと解らないでしょ!」
「始めからそう言ってよ!」等とよく言う人がいるが、辞書を合わさずに何万遍言っても、永遠に通じ合う事は無い。辞書が違うのである。
人はそれぞれの辞書を理解し、確認しながら伝える努力をしなければコミュニケーションは出来ないのである。
 
 分析はまず、その人がどういう辞書を持って使っているか、と理解する事から始める。
その辞書が自ら作ったものではなく、親に因って作られたもので古い型の間違いだらけであると事、それを告げ知らせ真理の言語があると知って頂き、その言語の書き換えをする事こそが精神分析の役割である。
しかし、そこには間違った言語を刻み込まれたと言う悔しさの情動との戦いがある。
この戦いに打ち勝ち、真の言語に出会った時人は、安らぎ幸福に生きていけるのである。
それに日本語とは非常に上手く出来ている。
日本には昔短歌俳句を用い、情景や状況や人の心を短い言葉で言い表すことができていた。
武士等は死に際して「辞世」を詠み、自分の一生は何であったのかと表現もしている。
その中でも豊臣秀吉は、自分の一生を「露と落ち露と消しにし我が身かな、浪速の事も夢のまた夢」と、栄華の限りを尽くした大人物でも露と夢で表現した人間の一生の果敢無さが、良く伝わってくる。
これからも日本語のすばらしさを、分析を通じて真の日本語に出会いたいものである。
    拈湧 笑界・ねんゆ しょうかい
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページもご覧ください

2012年11月24日 (土)

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成24年12月)

滋賀で分析理論講座を開いています。
日時 :12月3日(月) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)
講座内容 : 『自己を知る』  
 
    -自己愛-
 
     健康な自己愛
 
「健康な自己愛の源泉
2・・・母親の恒常性と同一性、自分自身の不変性、一貫性と同一性に対する基本的な信頼による自我同一性。・・・」
子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。
子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。
テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。
興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。
電話: 077-558-8766
携帯: 090-7357-4540
メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。
              インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り
分析理論講座については、下記ブログを参照ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/diary3/2012/08/post-7.html 精神分析家のセラピー日記、分析理論講座の紹介

2012年11月17日 (土)

滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成24年11月)

滋賀で分析理論講座を開いています。
日時 :11月19日(月) 9:30-11:30
場所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市)
費用 : 3,000円 (テキスト別途 1冊1,000円)
講座内容 : 『自己を知る』  
 
    -自己愛-
 
     健康な自己愛
 
「健康な自己愛の源泉
1・・・人間とは、お互いにそのようなエロス的交流を求め合っており、お互いのそうしてたエロスの一致を経験し得るものだという希望。しかもこれらの自信も確信も希望も、決して幻想的なものではなく、錯覚でもなく、現実の経験の裏付けを持っている。・・・」
子育てする上で、また人間を理解するために役立つ理論です。
子育て中の方、妊娠中、結婚前の方、男女を問わず知っておいて欲しいことがたくさんあります。
テキスト途中から、お一人でも参加していただけます。
興味・関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。
電話: 077-558-8766
携帯: 090-7357-4540
メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。
              インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
精神分析、各講座、その他ご相談に関する詳しいことは、下記ラカン精神科学研究所ホームページを御覧ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り
分析理論講座については、下記ブログを参照ください。
                ↓
http://lacan-msl.com/diary3/2012/08/post-7.html 精神分析家のセラピー日記、分析理論講座の紹介

2012年11月16日 (金)

第2回インテグレーター養成講座を、下記のように開きます。

日   時 : 11月 24日(土) 14:00~15:00 
場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)
受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)
第2回インテグレーター養成講座 講義内容
-インテグレーター養成講座Ⅰ-
自我論Ⅱ 《 幼児期の自我と対象関係》
 
   精神分析理論     
     理論構成 まとめ
   分離と個体化
     A,分離個体化の前駆段階 B,分離個体化の過程
 
   内的対象関係の発達
     取り入れと」内在化 分裂的態勢 抑うつ的態勢
子育て中の方や、子どもの出産をひかえた方、また若い方やお孫さんがおられる方など、様々な方に知っておいてもらいたい理論です。
精神分析の理論を学んだクライアントから、「これは自分をはじめ子孫への宝である」と言われました。
試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。
その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 
遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。
日程等が合わない場合、一人での受講も可能です。
詳しくは、http://lacan-msl.com/skypetherapy/  skype de stherapy(スカイプ セラピー)のページをご覧ください。
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。
077-558-8766(電話) 
090-7357-4540(携帯電話)
lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)
                  インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

2012年11月10日 (土)

滋賀インテグレーター養成講座開講日程のお知らせ(平成24年11月)

毎月インテグレーター養成講座を開いています。
日   時 : 11月 17日(土) 11:00~14:00 
場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)
受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全三冊)
第52回インテグレーター養成講座 講義内容
-インテグレーター養成講座Ⅱ-
病理Ⅸ《 心気・心身症 》
 
   心気症
     疾病固執型 多訴型 自律神経症状型 疼痛型 心気症者の心性
     今日の心気症の概念
   心身症
     心身症の定義 身体表現性障害  
   心身症のパーソナリティ  
     母子関係 アレキシサイミア タイプA行動パターン 心身症パーソナリティ
     治療 プラセボ効果 心理的治療 ヒストリーをきく 分析治療
途中からでも参加いただけます。
また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も、受け付けます。
その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 
遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。
一人での受講も可能です。
詳しくは、http://lacan-msl.com/skypetherapy/ skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。
 
興味・関心のある方、参加希望の方おられましたら下記へ連絡ください。
077-558-8766(電話) 
090-7357-4540(携帯電話)
lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)
                  インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

2012年11月 9日 (金)

大阪出張セラピーのお知らせ(平成24年11月)

自分自身、子ども、夫婦、家族、対人関係その他様々な悩みご相談ください。
大阪近郊で精神分析を希望される方、おられましたら連絡ください。
交通費を負担していただければ、お宅へ出張します。
詳しくは電話またはメール等で連絡ください。
完全予約制となっています。
電話 077-558-8766  携帯電話090-7357-4540
メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)
        インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
精神分析についての詳しい内容や、出張、講座、教室等の予定は下記ラカン精神科学研究所のホームページ並びに、2.スケジュール(googleカレンダー)をご覧ください。
                      ↓
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便りhttp://agency-inc.com/ipn/ ラカン精神科学研究所forスマートフォン
Photo_2

2012年11月 7日 (水)

分析家の独り言 450 (変容・成長)

私事だが、自宅の小さなベランダと室内に植物を置いている。
唐崎のセラピールームに足を運んくるクライアントさん達はご存知だろうが、玄関ドアの外とセラピールームにも少し置いている。
緑があると、何かホッとするのは私だけだろうか。
残念ながら忙しく、あまり手をかけられないが、枯らさないように世話をする。
新しい葉っぱが出て大きく成長する、その変化を楽しみにしている。
多肉植物やエアープランツをいく種類か集めた。
多肉植物は種類がたくさんあり、それぞれ生育期があり、温度の管理が違う。
基本、葉っぱに水分を貯めるので、水は普通の植物ほど頻繁にはあげないこと。
ネットで調べて、それそれの特徴や栽培方法を調べた。
つい土の表面が乾いていると水をあげてしまい、そのためにせっかく順調に成長していたものを枯らして、かわいそうなことをしたこともある。
毎日葉っぱの様子を見て、水を与えるタイミングをはかる。
すると、株が大きくなったり、株が増えていく。
種類によっては、とれた葉っぱを土においておくだけで、新しい葉っぱと根っこが出てきて、容易に増やすことができる。
それが何だかとても楽しみである。
エアープランツの根っこはだだ体を固定する役割しかなく、水の吸収は、葉など全体から吸収している、という面白い植物である。
これは夕方以降日が沈んでから、1週間に2度ほど、霧吹きで水を与える。
月に1~2回バケツに水をはり、4~8時間くらいつけておく(これをソーキングという)。
そんなことも知らず、30歳代の頃に一度育てては見たものの、水のやり方が不適切だったのだろう、葉はフニャフニャになり枯らしてしまった。
100円ショップで買った小さなエアープランツが、半年ほどして随分しっかりとした株になってきた。
植物の様子を見て愛情を注ぎ、その植物の個体に合わせた世話をすれば育つとわかる。
人間も同じである。
精神の発達はどういうものであるか、その時期その時期にあった対応法を知って、愛情・関心を向けて育てたなら心身共に健やかに育つのに。
なぜ人を育てるための正しい理論・解説が世間一般には知られていないのか。
自分を含め、日々様々なクライアントの話を聞く中で、あまりにも無知でることの悲劇を想う。
自分自身の変化、変容、発展、成長の楽しみを知った者は、子どものそれを楽しみに出来る。
そして、子どもの成長を正しくサポートするだろう。
病んだ者は、自分も他者も変わってはいけないのだ。
成長の楽しみを知らず、変わらないことが良いことだから。
変るには、それまでの自分を否定し殺すことにもなる。
無い事を知る勇気、そしてそこから新たに生み出すエネルギー。
これが死んで生まれ変わる、死と再生のドラマである。
植物を育てながら、そんなことを想った。
      インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ
http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へのページ
http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へのページ
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

2012年11月 6日 (火)

大阪 子育て相談室 日程のお知らせ(平成24年11月)

大阪子育て相談室を開きます。
日 時 : 11月15日(木) 13:30-15:30
場 所 : JR大阪駅周辺(詳しくはお問い合わせください)  
参加費 : 1,000円 プラス交通費を一人500円負担お願います
        (1回:2時間 完全予約制 電話等にて連絡してください)
お一人から参加いただけます。
子どもさんの年齢に関係なく、子育てに関しQ&A方式で相談会を開催しています。
日常の些細な事から、不登校、ひきこもり、非行、神経症など様々な悩み、問題に答えます。
子どもを理解し、親の考え方・態度が変わると、子どもは変化します。
諦めないで取り組めば、打開できます。
そうして頑張っておられる親御さんたちが学んでいます。
子どもの年齢に制限はありません。
これから妊娠出産を考えている方の参加も歓迎します。
是非、母親とは何か、どう子どもに接するのかを知っていただきたいと思います。
興味関心のある方、参加希望の方は下記へご連絡ください。
また都合により日時を変更する場合もありますので、参加の方はメール電話にて必ずご連絡ください。
『子育て相談室』は複数人で行ないますので、個人のご相談は、精神分析になります。
詳しくはホームページを見ていただくか、電話等にてお問い合わせください。
電話: 077-558-8766
携帯: 090-7357-4540
メアド:lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパムメール対策)。
       インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ
http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へ
http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へ
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り

2012年11月 1日 (木)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第32号(2012年11月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。
2012年11月1日に、 ラカン精神科学研究所メールマガジン32号発行しました。
日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。
No,32今月のメルマガは、 「尊重」です。
「・・・『尊重』とは、尊いもの大事にすべきものとして重んじること。
・・・我が子を独立した自分とは別個の存在として認識し、一個の自立した人間として育てるために必要な親の心構え、接し方とは何であろうか。
正常な分離に必要なのは、『子どもを尊重すること』である。・・・」(メルマガより一部抜粋)
興味ある方はお読みください。
http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第32号 ラカン精神科学研究所メールマガジン
                        インテグレーター(析精神分析家)  安朋一実
下記のサイトにメルマガ登録画面があります。
http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

http://lacan-msl.com/contents.html ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ