« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第42号(2013年9月1日)発行のお知らせ | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成25年9月12日) »

2013年9月 5日 (木)

分析家の独り言 460(オールOK )

『オールOK 』 を個人分析や、理論、子育て相談室で学び、クライアントは実践していく。
周りのお母さん達からは、「そんなことしていたら、自立できない子になる」とか、
「そんなにいうことを聞いていたら、我がままになる」、「放り出せばいい」などと言われる。
周りのお母たちは『オールOK 』 の意味を知らず、ただ非難してくる。
どんどん周りと話が合わなくなる。
中には、「オールOK するのを止めてくれと言われることもある」と聞く。
親や家族、夫でさえ反対することがある。
そんな中で、一人『オールOK 』 していくのは大変である。
それでも自分は 『オールOK 』 すると決めてやっていくクライアント達がいる。
やり続けていくと、必ず子どもの変化がみられる。
家から出なかった子が外出したり、部屋を片付けたり、アルバイトを始めたり、
学校に行くようになったりする。
突然動き出し、「あれっ」と思う。
非行から脱し、立派に仕事をし自分の家庭を持った息子を見て、
「どうしたらあんな良い息子になるのか」と聞かれたり、
先生から「お宅の子どもさんは他の子どもさんと違う」
「どのように育てたのか」と聞かれるという。
『オールOK 』 し続けるうちに、目には見えなくても確実に子どもの心を育てている。
個人分析は基本であるが、分析理論講座や子育て相談室はクライアント同士の交流や
情報交換によって刺激を受ける。
そういう場になっていると思う。
どういった根拠を基に、どう考え、子どもに対応するかによって結果も変る。
私達は精神分析という学問を基に、精神の科学として人の心をみています。
                                 インテグレーター(精神分析家) 安朋一実
http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://archive.mag2.com/0001106260/index.htmlラカン精神科学研究所メールマガジン

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第42号(2013年9月1日)発行のお知らせ | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成25年9月12日) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 460(オールOK ):

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第42号(2013年9月1日)発行のお知らせ | トップページ | 滋賀分析理論講座日程のお知らせ(平成25年9月12日) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ