« 分析家の独り言 536(子どもの巣立ち) | トップページ | 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) »

2014年5月 5日 (月)

分析家の独り言 537(オールOKは自分と世間との戦い)

ここ『分析家の独り言』でも、何度か言ってきましたが、
『オールOK』するお母さん方は自分の無意識(コンプレックス)と戦い、
更に周りの子どもの親御さんや幼稚園・学校の先生達とも戦うことになります。
『オールOK』することは子どものために必要だと頭でわかっていても、
周りからの声やアドバイス、一般常識に揺れます。
一般の人は、「そんなに何でも子どもの言うことを聞いていたらダメだ」
「泣いても、幼稚園・学校につれていけばいい」と言います。
そういう周りの声に初めは揺れますが、
『オールOK』していくと子ども変化・成長が見えるので、お母さんも揺れることが少なくなります。
個人の分析や、精神分析理論、子育て相談室などで話し合いをし納得していかれます。
それでも実践していくと、『オールOK』することが子どものために良いこととわかっていながら、
つい子どものイライラし怒ってしまうこともあります。
それは私も散々悩みましたので、気持ちはよくわかります。
自分のコンプレックスが解消されていくのに時間がかかりました。
根気よく自分を見つめて、自分を知っていくことが解決への道でした。
周りの親御さんや学校の先生と言い合いをしたというクライアントの話も聞きました。
批判されても屈しなかったクライアントは素晴らしいです。
よくぞめげずに、何が真理かを理解し『オールOK』しました。
夜中に買い物に行ったり、探しものをしたり、普通の人が聞けば
何でそこまでするのと言われるようなことも、子どもに言われたことはします。
それをしていくお母さん方は「やってよかった」言われます。
「あれをするしか無かった」とも言われます。
『オールOK』した人だけがわかることです。
ネットでみた私どもラカン精神科学研究所へ連絡をして分析が始まります。
人の縁とは不思議なものですが、偶然ではなく求めていると出会うのだと思います。
「出会えてよかった」と言っていただけることが私の励みにもなります。
共に前進しましょう。
             インテグレーター(精神分析家) 登張豊実
http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://archive.mag2.com/0001106260/index.htmlラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言 536(子どもの巣立ち) | トップページ | 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 537(オールOKは自分と世間との戦い):

« 分析家の独り言 536(子どもの巣立ち) | トップページ | 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ