« 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) | トップページ | 分析家の独り言 540(シニフィアン;意味はつくられていく) »

2014年5月 8日 (木)

分析家の独り言 539(オールOKすると外でしっかりした子になる)

子どもに『オールOK』していくと、家庭内では甘えや欲求・欲望を出しますが、
外ではきちんとしたしっかりした子になります。
それは、子どもが自分の欲望を感じとり表出し、『オールOK』されたことが基準になり、
それ以外のものは外のものとして、社会のルールとして容認出来るからです。
私と私でないものの区別がはっきりつき、境界が出来ます。
この自他の境界線を教えるのが『オールOK』です。
『オールOK』は家庭の中でしか通用しないことを学び、家の中では欲望を出していいが、
外は家庭ではないから欲望は出せないことを、子どもはしっかり認識します。
ですから、幼稚園や学校では「しっかりしてます」と言われます。
オールOKするのが家庭、オールOKしないのが社会であることを、
家庭で『オールOK』をすることによって子どもは学びます。
この差異をつくり、子どもが認識できるために『オールOK』しているのです。
家庭が厳しく社会が甘ければ、家庭が社会になってしまいます。
家庭は本来安心と安全の場所で、ホッと安らげるところのはずです。
しかし、親が教師や警察関係の職業であると、家庭に社会のルールを持ち込みます。
これでは家庭と社会の区別がなくなり、家庭の中でも生活態度がしっかりすることが求められ、
子どもらしく振る舞うことも、甘えることも、欲望を出すこともできなくなります。
私の母は教師でした。
子どもの頃には何がどうで心が満たされないのか、安らげないのかわからず、
ただ居心地が悪いとしか感じられませんでしたが、
その原因の一つはこういうことかと、分析に出会って知りました。
親が仕事と家庭の区別をしっかりし、切り替えが出来ればいいのですが、
それにはその人(親)自身のしっかりとした心の構造がなければ難しいことです。
人間の心の発達や子育てや家族等に関する正しい知識がない上に、
自分の無意識(コンプレックス)のままに子どもに対応するため、まともに育てることが出来ません。
自分の無意識(コンプレックス)を知り、子どもに『オールOK』していくクライアント達がいます。
辛いこともありますが、自分に対する知を得て気付き、変わっていける楽しみと希望がそこにあります。
                                          - SSC-1 より -
          インテグレーター(精神分析家) 登張豊実
http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ
http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法
http://archive.mag2.com/0001106260/index.htmlラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) | トップページ | 分析家の独り言 540(シニフィアン;意味はつくられていく) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 539(オールOKすると外でしっかりした子になる):

« 分析家の独り言 538(自己決定能力と自己責任) | トップページ | 分析家の独り言 540(シニフィアン;意味はつくられていく) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ