« 分析家の独り言 580(他人は自分を映す鏡:投影) | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第54号(2014年9月1日)発行のお知らせ »

2014年8月31日 (日)

分析家の独言 581(健康な自己愛:快の共有と笑顔)

自己愛には健康な自己愛と、病的な自己愛があります。

自己愛とは、自分が自分を愛する、自分に惚れ込むことで、

健康な自己愛は人間にとって大切なものです。

自己愛は生まれながらに備わっているのではなく、また自分一人でつくることは出来ず、

子どもにとっての最初の対象である母との関係でつくられていきます。

自分の喜びは母の喜びであり、母の喜びは自分の喜びである、

これを互いの交流によって感じ合い、確認し合える、これを『エロス的交流』といいます。

この母との一体感が自己愛の源泉、原始的自己愛になります。

エロス的交流とは、快の一致と共有です。

大人になって男女間の身体的交流による快感を求めたのが性行為です。

自分の気持ちよさが相手の気持ちよさになり、一体感に快を感じます。

母に同一化し母との一体感を持てない=エロス的交流をできなかったなら、

原始的自己愛は欠損してしまいます。

すると大人になってから身体による快の共有を持つことが難しくなる可能性があります。

新生児はまだ微笑むことの意味も知らず、外からの刺激を自分の中で処理出来ず、

顔の筋肉の痙攣になります。

それを母親は自分の授乳行為など養育行動を赤ちゃんは喜んで

笑っていると錯覚出来ることが大事です。

赤ちゃんのこの顔の筋肉の痙攣が、母とのエトス的交流を重ねるうちに、

喜びの表現としての笑いになっていきます。

これを体験するのは新生児の時です。

子どもに笑顔が少ないとしたら、それはお母さんの笑顔が少なかったはずです。

お母さんに大事なのは笑顔です。

小田和正さんの『愛になる』の歌詞に

「笑顔はいつも言葉を越えてすべてを包む愛になる」とあります。

母の笑顔が子どもの健康な自己愛をつくる一助となるはずです。

 - インテグレーター養成講座1(自己愛論1自己愛人間の心理と生態)- より

           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言 580(他人は自分を映す鏡:投影) | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第54号(2014年9月1日)発行のお知らせ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独言 581(健康な自己愛:快の共有と笑顔):

« 分析家の独り言 580(他人は自分を映す鏡:投影) | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第54号(2014年9月1日)発行のお知らせ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ