« 分析家の独り言 583(健康な自己愛をつくるオールOK) | トップページ | 分析家の独り言 585(健康な自己愛:欲望は譲らない) »

2014年9月12日 (金)

分析家の独り言 584(自体愛:自分の身体を受け入れ愛する)

自分で自分を愛する、惚れ込むという精神的な自己愛の前に自体愛があります。

自体愛とは文字通り自分の体を愛する、受け入れるということです。

まず自分の体へのOK,肯定感が大事です。

この自体愛は母のスキンシップ、まなざし。声によってつくられます。

母親が赤ちゃんに関心と愛着を持って、なでる、触れる、抱っこする。

このスキンシップ、抱っこによって、

赤ちゃんに母親の温もりと適度な圧力と心音が伝わります。

母親の心音は胎内から聞いているので、馴染みがあり、

赤ちゃんに安心と安定を与えます。

ただ、胎内で母親がストレスを多く抱えながら胎児を抱えていたとしたら、

胎児、赤ちゃんにとっても母の心音は心地よいものにはならないでしょう。

反対に母親に関心を向けられず、触れられないと自分の存在は否定的となり、

更に自分とは危険、汚い、価値がないと意味づけてしまいます。

この自分の体を受け入れ愛する自体愛は、人生の中でも一番母に抱かれる

0~1歳の時期につくられ、決まってしまいます。

当然、特に0~1歳の時期には、母親は子どものそばに居て、

よく体に触れ抱っこし、声とまなざしを欠けることが大事です。

この時期を逃して、後に自体愛をつくるには時間と労力が何倍もかかります。

現実的な自分の身体を自分が受け入れる自体愛をつくることは難しいことです。

なぜなら自体愛は、言葉のない時代(01歳)につくられ、

自分だけではつくれず、他者(母)にしかつくれないからです。

人の心身の成長には、その時に必要なことがあります。

それを知らずに、子どもの成長に合さず親の都合で育ててしまいます。

インテグレーター養成講座で理論として理解したり、

個人分析で子どもへの対応を話し合いながら、

オールOKしていくお母さんをサポートしています。

 インテグレーター養成講座1(自己愛論2自己愛人の構造)-より

           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言 583(健康な自己愛をつくるオールOK) | トップページ | 分析家の独り言 585(健康な自己愛:欲望は譲らない) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 584(自体愛:自分の身体を受け入れ愛する):

« 分析家の独り言 583(健康な自己愛をつくるオールOK) | トップページ | 分析家の独り言 585(健康な自己愛:欲望は譲らない) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ