« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ-2 開講日程のお知らせ(平成26年11月13日) | トップページ | 分析家の独り言 601(死と再生:自分を知って生まれ変わる) »

2014年11月 9日 (日)

分析家の独り言 600(失敗から成功へ、自信と自分で決める意志)

人は育つ過程で、親や周りの人達に失敗を怒られることがあります。

子どもであればなおさら初めからうまくいくとは限りません。

あまりに怒られると、失敗しないようにすることが目的になったり、

失敗を恐れるあまり、挑戦して新しいこと未知のことに手を出さなくなります。

自分がわかっていてできる範囲の中で安全を目指します。

もっと極端になれば、失敗しなためには何もしないことになってしまいます。

こうなるともう自分から動きません。

失敗や挫折のない人生などありません。

今度うまくやるには、どうしたらいいか。

失敗から学ぶことも多いはずです。

「失敗は成功の基」という諺もあります。

また「二度の失敗は許すが、三度目は許さない」というように制限を加えられている人もいます。

「失敗しても、何度でもやり直せばいい」と言われれば失敗を恐れることはありません。

前向きな励ます言葉をかけられるか、失敗を責められ怒らるかによって

その後の人生が全く違ってきます。

失敗が成功の基にならず、失敗から学ぶものが何もなければ、その人は自信が持てません。

自分が何を目指すのか目的を設定し、それに向かって行動、実行し、

小さなことでも成功や達成体験をしていくことです。

更に自分の意見、意志を持ち、自分で決める自己決定能力を付けていくことです。

誰かに言われたから○○をするのではなく、自分の意見を述べ、自分で自分のことを決める、これが自分の意志です。

これが自律性であり、能動性や積極性になります。

自分で決めれば、実際にやるという行動力が出てきます。

-  インテグレーター養成講座Ⅲ 夢分析Ⅳ《夢を読む》 - より

           インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ-2 開講日程のお知らせ(平成26年11月13日) | トップページ | 分析家の独り言 601(死と再生:自分を知って生まれ変わる) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ-2 開講日程のお知らせ(平成26年11月13日) | トップページ | 分析家の独り言 601(死と再生:自分を知って生まれ変わる) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ