« 分析家の独り言 629(子どもの性格) | トップページ | 分析家の独り言631(オールOK No.6) »

2015年2月12日 (木)

分析家の独り言 630(子どもの性格 No.2)

http://lacan-msl.com/diary3/2015/02/-629.html 分析家の独り言629(子どもの性格)で書いたように

対人関係のパターン(性格)をつくる目的は、一つには安全性でした。

もう一つは、経済性です。

心的エネルギーの消費を抑えて、節約(エコノミー)すること。

パターン化しておけば、その時々に一から考えて対応しなくて済みます。

また、その都度ソフトを組み替えていたら、心的エネルギーは膨大な量が必要になります。

すると当然疲れてしまい、他へ対応や楽しみに使えるエネルギーは限られます。

他に気が向かず、やる気になれず、もう休んでおこうとなります。

そのために同じパターンを繰り返し反復します。

このために性格は変わらないと、一般に思われています。

そして対象に対する反応、性格がワンパターンだと表現されます。

同じパターンを反復するために、相手にこのパターンを読み取られてしまうためです。

それがあの人は「優しい人」、「真面目な人」、「怒りっぽい人」、「内気な人」

というように、人に貼るレッテルです。

こうして安全性と経済性をもとに性格はつくられます。

子どもは親の性格、パターンを読み取り、こう対応すれば機嫌がいい、

こう対応すれば怒られると読み取っています。

子どもに、「お母さん(お父さん)ならそう言うと思った」と言われるようでは、

固定し決まりきった言動を繰り返しているということです。

固定観念や頑固さで固まってしまうと、融通が利かなくなります。

親にはめられた「べきだ」、「ねばならない」で生きていると、息苦しいものです。

しかし、それさえも気づかずにいることもあります。

それをまた子どもにはめてしまいます。

心の余裕、自由度を持つことが肝要と考えます。

   - インテグレーター養成講座1 性格論- より

                                    インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言 629(子どもの性格) | トップページ | 分析家の独り言631(オールOK No.6) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 630(子どもの性格 No.2):

« 分析家の独り言 629(子どもの性格) | トップページ | 分析家の独り言631(オールOK No.6) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ