« 分析家の独り言631(オールOK No.6) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ 開講日程のお知らせ(平成27年2月26日) »

2015年2月15日 (日)

分析家の独り言 632(父の権威と役割)

一般的には、社会での成功者、実力者、人格者がそのまま良い父のイメージとして捉えられがちです。

しかし、社会で高い評価を得ている人格者、仕事で成果を上げた実力者と言われる人が、

必ずしも家庭で良き父であるとは限りません。

社会での役割と家庭での父の役割は別のものです。

仕事での能力を発揮するのは、社会人としての機能です。

家庭に戻り、父としての役割・機能は権威をもって家族をまとめることです。

そのためには言語を使いこなし、子ども達や家族に論理的で矛盾なく語り、

納得させ説得出来ることです。

そういった権威ある父が家庭に居ないということは、国に例えれば国家権力、法律、警察などの、

治安維持能力がない状態と同じです。

家庭内の治安を維持する父がその役割を出来なければ、家庭は無法・無秩序状態になります。

そこでは、万引き、盗み、暴力など何でもOKです。

子どもの万引きは、家庭内で父が機能していない、父不在のサインです。

父が父たる権威、父らしさを、その父(子ども達からいえば祖父)から学んでいなければ、

子ども達に教え伝えることは出来ません。

そうすると、何も言えない・語らないか、威嚇と暴力で言うことをきかせるしかありません。

これでは納得させ説得させ、正しい方向へ導くとは、ほど遠い父です。

また、父の権威を母が支えます。

休みの日に父親がゴロンと横になってテレビを見ているとします。

そこへ母親が掃除機をかけるために「じゃまね、どいて」と言うと、それを聞いている子どもは、

お父さんはじゃま者なんだ、粗大ごみと変わらないじゃないかと思います。

それを、お母さんが「掃除機をかけたいので、場所を移ってもらえますか」と言えば、

お母さんはお父さんを大事にしている、お父さんはえらい人なんだと思うでしょう。

扱う人の扱い方によって、そのものの価値が決まります。

家庭人としての父がいなければ、子どもの人格形成は正常に行われません。

子どもの世話をし、オールOKする母親と共に、父親の役割も大きいのです。

そして両親仲良く、それが子どもの望みであり仕合せです。

 

                                  インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

« 分析家の独り言631(オールOK No.6) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ 開講日程のお知らせ(平成27年2月26日) »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 632(父の権威と役割):

« 分析家の独り言631(オールOK No.6) | トップページ | 滋賀インテグレーター養成講座Ⅰ 開講日程のお知らせ(平成27年2月26日) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ