« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第63号(2015年6月1日)発行のお知らせ | トップページ | 分析家の独り言 672(子どもは小さな博士) »

2015年6月 4日 (木)

6月 大阪子育て相談室より

6月2日(火)大阪子育て相談室を開きました。

当日の朝、電話で参連絡をもらった新しい方の参加がありました。

参加されるお母さん方は、子どもさんのことで悩んでおられる

他のお母さん方の話を聴くのも参考になると言われます。

それぞれ子どもへの対応に悩んだり迷ったりしながら、

お母さん方は日々子どもに接しています。

子育て相談室では、今の子どもの様子やお母さんの感じたことや考えをみんなで聴いて、

「こんな時はどう対応したらいいか」などの質問に、

具体的にアドバイスし、なぜそうすることが子どもにとっていいかを説明しています。

例えば、学校に行き渋ったり不登校になった子どもを朝起こした方がいいのか、

その方法はどのようにしたらいいかという質問を受け、理由と共に答えます。

お母さん方に納得して子どもさんに対応してもらいたいのです。

「オールOKしましょう」だけでは実践は難しく続きません。

『オールOK』の対応の理由を理解して実践しても、

お母さんのコンプレックスが作動して、上手くできないこともあります。

お母さん自身のコンプレックスについては、個人の分析でしていくことになります。

この日は、サイトで大阪出張を見た方から、大阪での精神分析の依頼も受けました。

ラカン精神科学研究所のホームページやブログをよく見てもらっているのだなと思いました。

子育て相談室に来るクライアント、精神分析を受けるクライアント、

子育て相談室と精神分析の両方を受けるクライアント、

更に分析理論を学ぶクライアントと、様々おられます。

自分が望む、自分にあった方法を選択してもらえば結構です。

7月の子育て相談室は、大阪で7日(火)午後1時30分からです。

一人で悩んでおられる方、興味関心のある方、下記へ連絡ください。

参加お待ちしています。

お父さんの参加も歓迎します。

077-558-8766(電話)

 

090-7357-4540(携帯電話)

lacan.mslgmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)

現在子育て相談室は大阪での開催のみです。

2名以上の参加があれば、大津や京都でも開きます。

また、スカイプのビデオ通話の会議を使えば、

複数の遠方の方との子育て相談室を開くことができます。

お問い合わせください。

 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へ

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第63号(2015年6月1日)発行のお知らせ | トップページ | 分析家の独り言 672(子どもは小さな博士) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月 大阪子育て相談室より:

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第63号(2015年6月1日)発行のお知らせ | トップページ | 分析家の独り言 672(子どもは小さな博士) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ