« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅲ開講日程のお知らせ(平成27年10月28日) | トップページ | 11月スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅰ‐1開講予定 »

2015年10月23日 (金)

分析家の独り言 712(福岡出張セラピー:心の余裕)

博多駅は新しく綺麗になっていました。

クライアントの依頼で、交通費・ホテル代を負担してもらい

4~5年ぶりに福岡へ出張セラピーに行って来ました。

いつもは滋賀県大津市の唐崎にあるセラピールームでの直接面談か、

遠方の方とはスカイプ、電話でのセラピーをしています。

京都や大阪など近畿圏への出張はありますが、

今回のように泊りがけでの出張は久しぶりです。

非日常を味わうことも息抜きになり、いいものです。

見慣れない土地で、その土地にしかないものに触れ、見聞を広める。

そう言えば、近頃は仕事・時間に追われ、

心の余裕を失っていたなと感じさせられました。

心のゆとり、余裕が大事だといわれます。

人間として分析家として必要なのものだ、と。

心の余裕とは、心の豊かさという事でもあります。

切迫感、焦り、緊張感などがあっては、

冷静に、そして温かみを持ってクライアントと向き合うことも出来ません。

自分の心の在りようが、仕事や日常の中にいろいろな形で表れます。

ラカンのいう象徴界に『余裕』という言語がまだ登録されていないとわかります。

日常を離れると、いつもとは違う事にまた気付く事も多く、

環境を変えてみるのいいものです。

新しい刺激を受ける事で、心が活性化するように感じます。

同じことの繰り返しは、固定した型にはまってしまい、

創造性と新鮮さを失ってしまう、

マンネリズムになる。

今回そんなことを考える、いい機会をもらいました。

のんびり旅に出たくなりました。

 インテグレーター(精神分析家) 登張豊実

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所ホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅲ開講日程のお知らせ(平成27年10月28日) | トップページ | 11月スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅰ‐1開講予定 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分析家の独り言 712(福岡出張セラピー:心の余裕):

« 滋賀インテグレーター養成講座Ⅲ開講日程のお知らせ(平成27年10月28日) | トップページ | 11月スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅰ‐1開講予定 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ