« スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅱ‐1開講日程のお知らせ(2016年6月) | トップページ | 分析家の独り言 750(躾で山林に置き去り事件によせて) »

2016年6月 2日 (木)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第75号(2016年6月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2016年6月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン75号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,75今月のメルマガは「個・自我を育てる:子どもの部屋」‐No,1- です。
 
 

小社会である家庭は、個と社会が交錯する場所です。

集団と個の使い分け、どこまで個を主張するか、どこまで集団に合わせるか

この学習が、社会化の学習の基礎になります。

家の構造でいうと、リビングは家族みんなが集う場所であり、

社会でいうなら公の場所。


個人の個室がプライベートな場所になります。

個室が与えらえないと個が育ちません。


自我境界が自分と他者は違うという仕切りになります。

この自我境界こそ部屋を仕切る壁・ドアに相当します。

…自分の部屋が確保され、自分の部屋では何をしていても

絶対に他者にわからない事で、

自分だけの秘密を持つことが出来ます。

…自分の事は自分しか知らない、その事によって明確な自分が出来ます。


親は、その子、その子の個性を尊重する対応をする必要があります。

                      (メルマガより一部抜粋)


興味ある方はお読みください。

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html 第75号 ラカン精神科学研究所メール

マガジン

                            インテグレーター(精神分析家) 登張豊実(とばりとよみ)


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

« スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅱ‐1開講日程のお知らせ(2016年6月) | トップページ | 分析家の独り言 750(躾で山林に置き去り事件によせて) »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スカイプ・インテグレーター養成講座Ⅱ‐1開講日程のお知らせ(2016年6月) | トップページ | 分析家の独り言 750(躾で山林に置き去り事件によせて) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ