« 分析家の語らい 31(会話が通じない) | トップページ | 分析家の語らい32(『ボクらの時代』:漫然と生きてはいけない) »

2018年6月 1日 (金)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第98号(2018年6月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2018年6月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン99号発行しました。


日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,99今月のメルマガのテーマは、「言葉の力」-松岡修造氏に学ぶ- です。 
 
 
『松岡修造のテニス合宿20週年SP』(512日、テレビ朝日)を見ました。
 
…番組では、20年の間に松岡氏が発した数々の“名言”を振り返り、

それらの言葉が生まれた背景、そして錦織選手達、当時の少年たちが

その言葉から何を学んだのかをみていきました。
 
…今や世界で活躍する錦織圭選手も「修造チャレンジ」の出身です。
 
松岡氏は、「子どもの一番ネックになっているものを探して

言葉をストレートに入れてくれるときを探している」と言います。
 
その言葉は大人になった今も彼らそれぞれの心の中に残っていました。
 
私は20年位前、我が師から「人生のからくりを知りたければついて来なさい」

と言われました。
 
…『人生のからくり』とは…「人は、自分は何のために生まれ生きていくのか」、

「自分とは何者か」という事で、私はそれを知りたいと考えました。
 

それらを知って、私が私の存在や自分の人生に納得がいくことを望んだ。

そしてどう生きるかを自分で選び決める事。

それは余りにも理不尽で不条理な中で育ち、

何一つ納得のいくことが無かった事が大きいと思います。

 
 (メルマガより一部抜粋)

興味ある方はお読みください。
 

http://archives.mag2.com/0001106260/20180601100000001.html 第99号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。


http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。


http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。


http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町710 

連絡先  ℡090-7357-4540

« 分析家の語らい 31(会話が通じない) | トップページ | 分析家の語らい32(『ボクらの時代』:漫然と生きてはいけない) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 分析家の語らい 31(会話が通じない) | トップページ | 分析家の語らい32(『ボクらの時代』:漫然と生きてはいけない) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ