« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第108号(2019年3月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所『子育て相談室』(2019.4月) »

2019年4月 5日 (金)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第109号(2019年4月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2019年4月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン109号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,109今月のメルマガのテーマは、「子どもの人生は母の世話行動で決まる」です。  

精神発達論がいう母の機能とは、世話行動です。

 

見捨てないことはもちろん、安心と安全のもとに守ることが大切です。

 

この条件のもとで人間の心が形成されていきます。 

特に生まれて18ヶ月までは、母が24時間態勢でそばにいて世話をします。

 

…鏡像段階に入ると、…母の愛情ではなく、自分への関心の度合い、

 

つまり母の自分への世話行動のやる気をみます。

 

…例えば、母が一生懸命世話してくれるとします。

 

すると子どもは、「泣いてもわめいてもぐずっても、

 

どうしてお母さんはこんなに一生懸命世話してくれるのだろう」と

 

想像的自我を使って考えます。

 

…子どもは、関心を向け続け世話する母に対して、

 

「きっとお母さんは自分を好きなんだろう」とか、

 

「自分に愛情があるからだ」と、想像します。

 

…反対に、0才児保育に預けたり、祖父母にみてもらうなどして、

 

母が仕事に行きそばに居なければ、子どもは「母が自分を嫌いなんだ」とか、

 

「母は自分より仕事が大事なんだ」と感じ、そう意味づけます。

 

…自分が好かれ愛されたと感じ、そう意味づけて、

 

自己肯定感、健康な自己愛を持って生きていくことができます。

 

…母が自分をどう見ているか、それが後に他者全体にまで押し広げられます。

 

…私という自我は、まず母という他者のもとで構成されます。

 

…この母も、またその母に好かれたのか嫌われたのか、自分がどう思われたか。

 

それによって、子どもへの世話行動や見方が決まります。

 

ほとんどがマイナスに意味づけされた自我なので、

 

これを訂正しプラスに書き換えるのが精神分析の仕事の一つです。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方はお読みください。

 

https://archives.mag2.com/0001106260/20190401103000000.html第109号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

           連絡先  ℡090-7357-4540

 

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第108号(2019年3月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所『子育て相談室』(2019.4月) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第108号(2019年3月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所『子育て相談室』(2019.4月) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ