« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第116号(2019年11月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第118号(2020年1月1日)発行のお知らせ »

2019年12月 4日 (水)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第117号(2019年12月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2019年11月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン117号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,117今月のメルマガのテーマは、「あおり運転と強迫神経症」です。  

…『あおり運転』の元にある性格は、子ども時代によく聞いた

 

親の「早く、早く」の言葉からつくられます。

 

「早く、早く」は急き立てによる切迫感。

 

…母はいつも「早く、早く」とあおっていました。

 

…この切迫感は切迫流産にも繋がります。

 

…「早く!早く!」と急き立てられて、いつも追い立てられていると感じる、

 

この『切迫感』が強迫観念をつくります。

 

…強迫行為の代表的なものがきれい・汚いにこだわる、清潔恐怖症です。

 

手を洗ってもきれいになったと思えず、何度でも洗い続ける人がいます。

 

そして、鍵を閉めた・閉めないの確認強迫があります。

 

…「早く!早く!」と急き立てられる切迫感は、“早く”と“のろい”の対立です。

 

自分はのろいと思っている人には、いつも「早く」の声が聞こえています。

 

清潔恐怖症は、手を洗ってきれいになったと思っても、

 

「汚い」の声が聞こえます。

 

この声が自分の中で聞こえてやかましいが、振り払えない事が病理です。

 

また、きれい・汚い、閉めた・閉めないにこだわり、囚われて

 

無意味な思考・行為を繰り返し、やめたいけれどやめられない。

 

…強迫神経症の人達には“今ここに生きる”がありません。

 

いつも切迫感で追い立てられているために、“今”がなく、

 

“今を味わう”ことができません。

 

…「ねばならぬ」を捨て、

 

現実を認識できるように、自分が今していることを言葉にして

 

言いながら行動します。

 

…今、美味しいものを食べて、またはリラックスして、

 

好きなことに興じて、体が喜んでいると感じられる。

 

この体の喜びは心の喜びになります。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

                               連絡先  ℡090-7357-4540

 

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第116号(2019年11月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第118号(2020年1月1日)発行のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第116号(2019年11月1日)発行のお知らせ | トップページ | ラカン精神科学研究所メールマガジン 第118号(2020年1月1日)発行のお知らせ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ