« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月 7日 (金)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第119号(2020年2月1日)発行のお知らせ

 

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2020年2月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン119号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,119今月のメルマガのテーマは、「外向型・内向型性格:母の関心が愛を育てる」です。  

性格の分け方の一つに、外向型と内向型があります。

 

外界に関心が強く向いている場合を外向型といい、

 

内的(心的)世界への関心が高い場合を内向型といいます。

 

…人は外の世界を安全か危険かで分け、外向型は外界を安心・安全だと思います。

 

…ところが、母に否定されたり拒否されたり虐待を受けた人は、

 

後に人は母のように自分を否定し拒否すると思い、

 

外界は危険であるとみなし外界から内界に撤退します。

 

…一概に、外向型が良く、内向型が悪いのではありません。

 

程よく内向性と外向性を持ち、この相反するものを統合することが

 

性格・人格的にバランスがとれます。

 

…心が豊かになれば、外界への関心も高まり、物にも恵まれます。

 

それは単に物への執着ではなく、人への関心が高くなり働きかけ、

 

人も、物も、心も大事だとわかります。

 

…否定されることが少なく、外側(他者)からの承認が増えると、

 

外への関心が高まります。

 

反対に、否定されることが多く、承認されないと、外側へ関心が向きません。

 

…人、物、事、心への関心は後に愛を育てます。

 

外向型、内向型いずれにしても関心が高いことが自分を活かす道になります。

 

…子どもの対象への関心を育てるのが、母の子どもに対する関心です。

 

…母が子どもに関心を持つということは、泣かれてもグズられても

 

文句を言われても、子どもの要求・欲求に応え、

 

子どもを抱っこすること、声をかけ呼びかけること、

 

触れて、一緒に遊ぶことです。

 

                                                   (メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

                               連絡先  ℡090-7357-4540

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ