« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第123号(2020年6月1日)発行のお知らせ | トップページ

2020年7月 1日 (水)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第124号(2020年7月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

 

2020年7月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン124号発行しました。

 

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

 

 

No,124今月のメルマガのテーマは、「病的自己愛・誇大自己に潰されないために知っておくこと」です。 

自己愛とは自己価値観であり、

 

人は命を生きているのではなく、意味を生きている。

 

そのために自分の意味=価値が下がること、人より劣ることを何よりも恐れます。

 

自分の価値を上げるためには命さえも犠牲にすることがあります。

 

…人は二分法、善い悪い、マルバツをつけたがり、

 

この善い悪いは評価です。

 

マルは肯定、バツは否定。

 

…自分で自分を正しく認識し、自分は「〇〇だ」と

 

自己規定することは大変難しいことです。

 

…ましてや幼い子どもは、自分を自ら規定する能力はないので、

 

親をはじめとして、他者の評価・規定によって自分の価値も決まってしまいます。

 

ここで否定やバツの評価を受けると、自己否定の塊となります。

 

どうせ自分は何をやってもダメだと思うようになり、

 

果ては自信を失い、劣等感を抱いてしまいます。

 

…ですから、子どものできたことを的確に褒めます。

 

そのためにはよく子どもを見ていなければいけません。

 

 

…また人の評価はまちまちで一定しません。

 

…人の評価・規定は当てにならない、それでも人の評価を気にして、

 

人の評価に左右されて生きています。

 

 

…不安定な中で人は安定したいと思うところから、誇大自己がつくられます。

 

ありのまま自分より大きく膨らませた自分です。

 

…これには心のエネルギーを誇大自己に注ぎ続けなければならず、

 

本来の自分にはエネルギーが備給されず、やせ衰え疲弊していきます。

 

それでも誇大自己を支え、もっと大きく立派で優れているように

 

見せなけれならず、最後には破綻してしまいます。

 

そうなると、本来の見すぼらしい自分しか無いことに気づいて、

 

動けなくなり、これがうつ病です。

 

こうならないための道筋・方法を精神分析は教えてくれます。

 

(メルマガより一部抜粋)

 

 

興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。

 

https://www.mag2.com/m/0001106260.html#detailboxラカン精神科学研究所メールマガジン

 

 

            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

 

 

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

 

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

 

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

 

 

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

 

 

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   

連絡先  ℡090-7357-4540

 

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第123号(2020年6月1日)発行のお知らせ | トップページ

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラカン精神科学研究所メールマガジン 第123号(2020年6月1日)発行のお知らせ | トップページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ