家族

2018年7月 1日 (日)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第100号(2018年7月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2018年7月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン100号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,100今月のメルマガのテーマは、「家庭のテーマは『言論と行動の自由』」 です。 
 

『言論と行動の自由』が正常に行われている空間を家族・家庭といい、

この環境の中でしか自我は育まれない。
 

多くは、自分の欲しいもの、したいこと、言いたいことを言えば、

否定されるか拒否されます。

 

そうすると、欲しいもの、欲求・欲望を出すことは

いけないことになっていきます。

 

「うちは貧乏だから」とか、「うちにはお金がない」と親は言います。

 

後に欲しいものを手に入れ、買おうとすると罪意識が発生してしまい、

お金がないわけではないのに、買えなかったり、

欲しいものではなく、安いものを買うことになったりします。

 

言論の自由とは、言いたいことが言える事です。

 

「言える」ことは「癒える(心の悩みや悲しみが解消する)」こと。

「言えない」ことは「癒えない」ことであり、「家(が)無い」こと。

安心して落ち着け、心を許してゆったりできるのが家であり家庭です。
 

…言論と行動の自由だけでは無秩序になり、

家庭といえども無法地帯になってしまうので、

父が秩序を教え、統制・統合をします。

それを子どもは小社会(社会の最小単位)である家庭で学び、

そして社会へ出ていきます。

この家庭の機能を今一度見直し、立て直す必要があり、

そこに寄与するのが精神分析であると私は考えます。 
 
 (メルマガより一部抜粋)

興味ある方はお読みください。
 

https://archives.mag2.com/0001106260/20180701103000000.html 第100号 ラカン精神科学研究所メールマガジン

                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実

下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町710 

連絡先  ℡090-7357-4540

2018年5月13日 (日)

分析家の語らい 31(会話が通じない)

人の悩みの大半は親子、夫婦、兄弟、友人・知人、親戚、近隣・地域の人等など、

人間関係です。


他者と関わる中で、「あの時言いたいことが言えなかった」、「言い返せなかった」

と悔やむことがあります。

その場で思いつかず上手く言葉に出来なくて、黙ってしまったけれど、

後から考えると、「なんでこう言わなかったのだろう」と思います。

黙っている、自分の考えや意見を言わない、言えないと、

異議なしと相手に受け取られます。

決して納得している訳ではなく、他者に圧倒されたり、あまりの意外な言葉に

固まってしまったりして、その場で言葉が出てこない。

「私の言った言葉を聞いていますか」と言いたくなることもあります。

「聞いていたら、その言葉は返ってくるはずは無いでしょう」と思い、

あまりの的外れな返答に驚いたり、がっかりしたりもします。

相手からのとんちんかんな答えに、話す気をなくしてしまいます。


会話によって互いの気持ちが通じ、親近感を持ったり、理解し合えたりしますが、

そういう会話が出来ているでしょうか。


自分で話しながら、ズレていると感じたり、

本当に言いたいことと違っていたりします。

自分の想いや考えを適切な言葉を選んで文章にして話す事は

結構難しい事です。


会話は家族の中で繰り返し練習し学習していきます。

振り返ると私は子ども時代、発言してもまともに聞いてもらえなかったり、

否定されることが多かったり、

下手なことを言えば怒られるだけとわかったのでドンドン話さなくなりました。

子どもの私には、下手なことが何かわかりません。

それは親の考えや価値観、コンプレックスに関わることですから、

子どもに判るはずがありません。

そうして、無口でおとなしい、親にとって都合のいい子になっていきました。

学校でもあまりしゃべらず、授業で手を上げて発言することも苦手でした。

家族が楽しく会話している姿を見た記憶もなく、

時折起こる家族の争いにただ怯えるしかなかった。

最悪の環境でした。


子どもが育つ家庭環境が大事です。

まず夫婦(両親)が仲の良いことが、子どもにとって大事なことだと、

精神分析を通して知りました。


ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実 


埼玉県鴻巣市富士見町710   ℡090-7357-4540


http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

2017年9月29日 (金)

無料談話室開催のご案内 ‐夫婦の悩み‐

夫婦について話し合いう談話室を開きます。

質問等にもお答えします。

参加費は無料です。ご参加ください。


日   時 : 10月13日(金) 13:00~14:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市唐崎2丁目2-1 )

JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩6分  駐車場有

参 加 費: 無料


夫婦の悩みについて話し合います。

一人で悩んで誰にもどこにも話せない、

こんなことを思っているのは自分だけだろうか、

他の夫婦はどう考え、どうしているのだろうなど、

他の人の話や悩みを聞いたり、また話す事でスッキリしたり、

ホッとしたりしましょう。

他では話しにくい夫婦間の性の悩みもOKです。

夫婦円満のためには大切な事です。

他には、『育児』、『対人』、『子育て』の悩みなど、

それぞれテーマ別に順次開催していきます。

人数は35人の少人数で行います。

定員になり次第締め切らせていただきます。

お友達を誘っての参加も歓迎します。

予約制です。

参加希望、お問い合わせ等、詳しくは下記へ連絡ください。

090-7357-4540(携帯電話)

077-558-8766(固定電話)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


  ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


10月6,13,19,25日、無料談話室を開きます。

10月6日は子育ての悩みについてです。

http://lacan-msl.com/diary3/2017/09/post-29.html 無料談話室開催のご案内‐子育ての悩み‐ をご覧ください。

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法のページ

http://indoor.lacan-msl.com/ 不登校・ひきこもりに悩む方々へ

http://lacan-msl.com/hikou/ 非行・家庭内暴力に悩む方々へ

http://archive.mag2.com/0001106260/index.html ラカン精神科学研究所メールマガジン

http://lacan-msl.com/fondle/ フォンドル・セラピー

2017年3月29日 (水)

滋賀 精神分析理論講座Ⅱ開講日程のお知らせ(平成29年4月6日)

精神分析理論講座Ⅱ巻‐下を開きます。


日   時 : 4月6日(木)午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)

 - 精神分析理論講座Ⅱ下 -  講義内容

家族Ⅲ 4.充実期~6.老年期》

   家族の指針

 4.充実期

   充実期の家族の危機   

   子どもの自律と夫婦の問題

   家族システムの防衛                 

   悪循環

   問題解決の指針

 5.向老期

   心理社会的危機 

   家族の指針

 6.老年期

   子どものいない夫婦 

  まとめ 

    
テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、http://lacan-msl.com/skypetherapy/skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

 

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

 

http://lacan-msl.com/skypetherapy/#15406/ 6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。

 

興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

05015043098Soft bank BBフォン)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


                     ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

2017年3月 9日 (木)

滋賀 精神分析理論講座Ⅱ開講日程のお知らせ(平成29年3月16日)

精神分析理論講座Ⅱ巻‐下を開きます。


日   時 : 3月16日(木)午後1:00~2:30

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)


 - 精神分析理論講座Ⅱ下 -  講義内容

  家族Ⅱ 《1.新婚期~3.発展期》

    1.新婚期

     心理的状況  愛の三要素  新婚期の危機  健康な夫婦関係

    2.育児期

     乳幼児の母子関係  親子関係  育児期の家族の課題と危機

    3.発展期

     学童の成長  家族の成長 

    まとめ   

    
テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、http://lacan-msl.com/skypetherapy/skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

 

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

 

http://lacan-msl.com/skypetherapy/#15406/ 6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。

 

興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

05015043098Soft bank BBフォン)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


                     ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

2017年2月25日 (土)

滋賀 精神分析理論講座Ⅱ開講日程のお知らせ(平成29年3月3日)

精神分析理論講座Ⅱ巻‐下を開きます。


日   時 : 3月3日(木)午後1:00~2:30 

場   所 : ラカン精神科学研究所(滋賀県大津市 JR湖西線「唐崎駅」下車徒歩5分)

受講費用 : 一受講につき一万円
        初めての方はプラス テキスト代一冊5千円 (全四冊)

 - 精神分析理論講座Ⅱ下 -  講義内容

  家族Ⅰ 《家族システム》

   家族とは何か

    家族の定義  家族が持つ三つの側面(遺伝と環境、社会と個人、現実と空想)

   家族システム

    家族システムの鍵概念 患者は家族システムのモニター

    家族内のサブシステム  相互のコミュニケーションパターン  家族神話

    システムのライフサイクル(家族の発達)

   家族の発達

    家族発達課題論 

    
テキスト途中の項目からでも参加できます。

また試しに一度受けてみたいという方や、この項目を聞いて見たいという方も受け付けます。

その場合は、一回の受講費用 一万円とテキスト代(一回分) 二百円 です。 


遠方の方にはスカイプによる講座も受講していただけます。

詳しくは、http://lacan-msl.com/skypetherapy/skype de stherapy(スカイプ セラピー) のページをご覧ください。

 

こちらに、スカイプの設定の仕方も載せています。

 

http://lacan-msl.com/skypetherapy/#15406/ 6.スカイプでセラピー手続きマニュアル

一人での受講も可能です。

その場合は1講座1時間で、受講料は1万円です。

 

興味・関心のある方、参加希望の方、下記へ連絡ください。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

05015043098Soft bank BBフォン)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


                            ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

2016年12月 3日 (土)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第81号(2016年12月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2016年12月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン81号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,81今月のメルマガのテーマは家族:愛と信頼と絆です。
 
家族とは何か。

家族とは血やDNAで繋がっている事より、人間同士の関係性、

そこに愛と信頼、そしてそれらによって結ばれた絆がある事だと思います。

家庭において、親に適切に世話されず、ひどい扱いを受けた子どもは、

本当の母・父がどこかにいるのではないか、

目の前にいる母は本当の母と同じ顔をした偽物だと思います。

これを『 瓜二つ幻想 』といいます。

精神分析では、『転移』が起こります。

分析者がクライアントを否定・批評をしない事で、

クライアントはこんなことを言ったら怒られるのではないか、

嫌われるのではないかと思い、子ども時代に言えなかった事が言えます。
 
分析では、クライアントは親子、夫婦、兄弟にも言えない心の裡を話します。

この愛情と信頼と絆があるクライアントと分析者の関係は、家族に等しい、

もしくはそれ以上といえるのではないでしょうか。

愛と信頼と絆のある人間関係を家族以外で味わい、

築いていける場として精神分析があると知りました。

                      (メルマガより一部抜粋)

 

興味ある方はお読みください。

http://www.mag2.com/m/0001106260.html第81号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

2016年11月 2日 (水)

ラカン精神科学研究所メールマガジン 第80号(2016年112月1日)発行のお知らせ

ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。


2016年11月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン80号発行しました

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。

No,80今月のメルマガのテーマは家族システム、世代連合と境界:子ども時代を子どもらしく過ごすためにです。
 
家族は一つのシステム・組織です。

これらの世代同士は『連合』を組みます。

これを『世代連合』といいます。

そして、この各世代間に他の世代への干渉を防ぐ壁となる『境界』が存在する事が大事です。

『境界』がないという事は、物事をわきまえないので、家族が集う公の場であるリビングでけんかが始まり、

この争い・けんかが公開され、家庭は戦場になります。
 
『世代境界』がある証拠は、子どもが子どもらしく無邪気で、子ども同士も仲が良い。

『世代境界』が無いとは、子どもがませている、という事です。

…子ども時代を子どもらしく送り、大人は大人らしく送ることが正常です。


 精神分析理論講座2  家族1 家族システム 

                            (メルマガより一部抜粋)

 

興味ある方はお読みください。

http://archives.mag2.com/0001106260/20161101103000000.html第80号 ラカン精神科学研究所メールマガジン


                      ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

http://lacan-msl.com/mailmaga/ メルマガ:子育て相談室便り このページより登録できます。

http://lacan-msl.com/ ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

2016年10月12日 (水)

分析家の独り言 760(『父‐の‐名』:夫婦仲の良さが子どもの精神を発達させる)

ラカンのいう『父‐の‐名』とは、父の否(いな)、否定であり、

後の禁止、掟になっていきます。


口唇期、肛門期を経て、エディプス期に入った子どもは、

これまでの母と二者関係から、父が加わり三者関係になります。

エディプス期になって、これまで子どもの養育場面では影の存在であった父が

ようやく登場し、子どもに向き合うことになります。

この時に、父親は仕事ばかりで家庭内で不在であったり、

ゴロゴロと横になってテレビばかり見ているようではいけません。

子どもは母との関係で、母に愛されたい、母の望む子どもでありたいと思い、

母の要望に応えてきました。


その母のまなざしは、自分に何を求めているのかを探します。

子どもは母が描く子ども像に、自分を合わせ同一化しようとします。

お母さんに好かれたい、好かれる自分でありたいと子どもは思います。

しかし、エディプス期にはこれまで母と子どもが一体であった間に

父が割って入り、母と子どもの密着した関係と切る役目をします。

それが『父の否(いな)』、つまり『父‐の‐名』とラカンは言いました。。

父は子どもに、「もうお前はお母さんから離れなさい」、

「こまでのお母さんとの一体化した関係を解消しなさい」と言って、

子どもの母親にくっついていたい欲動、Sを否定します。

なせなら、母は父のもの、愛人だからです。

すると子どもは、「もう私は母を愛せない」事を受け入れ認めざる得なくなります。


ただしこうなるには、両親の仲が良いことが前提です。

両親の仲が悪ければ、母親(妻)が子どもとベッタリしていても

父(夫)はその仲を切ろうとはしません。

不仲であれば、母親(妻)が子どもとベッタリしていてくれる方が楽だ、

になってしまいます。


こうなると、特に男の子の場合は、父が母を愛さないのだから、

自分が母を愛するしかないとなり、

これを母に呑み込まれた人、といいます。

これでは大人になっても、いつまでも母から離れられません。

その典型は、いつまでも結婚せず実家に住む子どもです。

子どもは母の傍から離れると、父から愛されない母への哀れみや同情から

罪悪感を持ってしまうためです。

例え結婚したとしても、度々母の元へ帰るため、

妻との関係ではいつまでたっても信頼や親密さが築けず、

不仲になるのは当然です。


子どもの健康な精神の発達のためにも、

夫婦の仲が良い事が大切であることがわかります。


2016.10.12.ラカン講座 『父‐の‐名』より)


              ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実


http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

2016年9月18日 (日)

分析家の独り言 756(フジテレビドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』より父:の役割)

フジテレビで今放送中のHOPE~期待ゼロの新入社員~』をご覧でしょうか。

2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送された連続ドラマ『ミセン-未生-』が

原作で、囲碁のプロ棋士になれなかった青年が総合商社で働くこととなり、

彼がひとりの会社人として成長していく様を描いたヒューマンドラマです。


主人公の一ノ瀬歩(いちのせ・あゆむ)は幼い頃に囲碁に出会い、

プロ棋士を夢見て、それからの時間すべてを囲碁に捧げてきました。

高校生のころ、父親が病気で他界。

日本のプロ棋士採用試験には23歳未満の人しか受けられない、という年齢制限が

あるため、22歳になった一ノ瀬は、最後のチャンスと囲碁に励みます。

しかし、プロ棋士採用試験前日の夜、母親が過労で倒れ、

一ノ瀬も試験に落ちてしまいます。

囲碁の道が閉ざされ、失意のままアルバイトに明け暮れる日々を過ごしますが、

とある総合商社で最終段階をむかえている採用試験を一ノ瀬が受けられる事になります。

試験内容は1ヵ月のインターンシップ。

英語はもちろん何ヵ国語も話せて当たり前、特殊な貿易用語が飛び交う世界で、

満足な社会経験も学歴もない一ノ瀬は、コピーの仕方すら分からず、打ちのめされます。

会社からの期待度0%の一之瀬。

それでも、周りから嘲笑されるほどの必死さと、囲碁で培われた洞察力と

記憶力を武器に、なんとか組織の一員になろうと、ひたむきに仕事に向き合います。

更に詳しいあらすじは、、http://www.fujitv.co.jp/hope/index.htmlでどうぞ。


最近放映された第7話で、一之瀬のセリフ、

「課長は、僕のために必死で踏ん張ってくれてるんです。本当は嬉しいです。

こんな僕にでも、手を差し伸べようとしてくれた。

いつだって、どんな時だって、僕のことを受け止めてくれました。

いつもちゃんと見てくれていた。

それだけでも十分なんです」と泣きながら言います。

これは子育ての時の、親の子どもへのまなざしと対応に通じます。

家庭においては、父も子どもをこのように守り、受け止め、

まなざしを向けます。

それが会社や社会では、今度は部下を育てる事になります。

人を育てるという意味では同じ共通点があります。

子どもを育てるのは、決して母親だけの仕事や役目ではありません。

エディプス期以降は父が登場して、子どもが言葉を使いこなすようになる

家族の発達段階でいえば、第三期の発達期:子どもが学童期の時期からは、

言語の担い手としての父が家庭での子どもの教育の主人公になります。

その父が仕事にかこつけて、家庭を顧みなかったり、

言語を持っていなかったりすれば、子どもは社会性を学ぶ事はできません。

言葉を正しく使えなければ相手に自分の気持ちや意見を伝えられず、

理解してもらう事もできません。

すると当然孤立し、友達をつくるなど人と関係を持つことが難しくなり、

次第に社会的にひきこもっていくことにもなります。


子ども・人を育て、社会に送り出す事は簡単な事ではありません。

子どもを育てる親の側の能力、それにふさわしい心身の発達を遂げているかなどが問われます。


このドラマを見て、あたらめて子どもにとって父親の役目の大切さを考えさせられました。


家族について、そして父親・母親の役目、子どもへの関わり方、

家族も時間と共に成長・発展してくその筋道などを

『精神分析理論講座』 の 《家族》 の項目で解説しています。

興味・関心のある方,受講に関しては、<a href="http://lacan-msl.com/">ラカン精神科学研究所のホームページ</a> をご覧ください。

問い合わせ先は、下記のところへどうぞ。

077-558-8766(電話) 

090-7357-4540(携帯電話)

050-1504-3098(Softbank BBフォン)

lacan.msl☆gmail.com ☆を@に変えたアドレスでメール送信してください。(スパムメール対策)


             ラカン精神科学研究所 セラピスト  登張豊実


http://lacan-msl.com/ラカン 精神科学研究所のホームページ

http://mama.lacan-msl.com/ オールOK!子育て法

http://archive.mag2.com/0001106260/index.htm lラカン精神科学研究所メールマガジン

http://www.sifuku-no-yakata.com/ 始源回帰セラピー

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ